Posts categorized "旅行・地域"

汚れつちまつた悲しみに・・・・・・~現代国語的中原中也

 NHKの教育テレビの「日本語で遊ぼ」という番組の中で、中原中也の「汚れつちまつた悲しみに」の一節が朗読されている。彼の「サーカス」という詩の一節も時々朗読されている。その詩の空中ブランコを表現したと思われる不思議なフレーズ、 「 ゆあーん  ゆよーん  ゆやゆよん 」 を”コニちゃん=コニシキ”や子どもたちが朗読している。(この番組では、他にも、平家物語の前文「祇園精舎の・・・」や宮沢賢治の「雨ニモマケズ」も紹介されていて、なかなかよい選択だと思う。)

 もう二十年くらい前に、母と妹と三人で、夏に山口県を旅したことがあって、山口市の湯田温泉の近くの中也の詩碑のある公園のことをガイドブックで知って、立ち寄ったことがある。詩碑があること以外は、何の変哲もない、近所の子どもが遊んでいるような小さな公園だったのですが、その詩碑と横に立つ妹の写真が残っている。先日実家の母に、この写真に写っている詩碑の文章を知り合いに色紙に書いてもらいたいので、詩の文章を調べてほしいと頼まれた。この公園は中也の生家(現在は記念館)近くにある高田公園、刻まれているのは小林秀雄の筆による「帰郷」という詩の一節。※こちらを参照


  これが私の故里(ふるさと)だ
  さやかに風も吹いてゐる
       心置なく泣かれよと
       年増婦(としま)の低い声もする

  あゝ おまへはなにをして来たのだと・・・・・・
  吹き来る風が私に云ふ

                      詩集・山羊の歌「帰郷」より (参考:新潮文庫「中原中也詩集」)

 「心置なく泣かれよと」 と 「年増婦(としま)の低い声もする」の行が碑にあったかどうかは写真ではちょっと判然としないのですが(行数から考えると省かれているように見えます。)
 中也の詩は、思い出しただけでも「月夜の浜辺」「汚れつちまつた悲しみに・・・・・・」「北の海」が教科書に採用されていたと思う。三篇というのは、詩人の中でもかなり多いほうではないだろうか。三篇とも、ひとがこころのなかに持っている普遍的な感情が表現されているので、他の詩人の詩よりみんなのこころにぴたっと来る感じがあって、「 さう さうこの感じ 」と思ったりするし、今読んでも、感覚的に古くない、現代的だし、言葉遣いは、平易で簡単そうに見えるけど、かなり計算された平易さ、さりげなさで「巧い!」と思う。「クイーン」とか「ビートルズ」とかにも感じることだけど、”ポピュラーだけども俗ではない”という感じがする。難解な言葉などは用いずに、俗にならないぎりぎりの場所で勝負している。その場所を見つけることは簡単なようでとても難しいことだと思う。その絶妙なポイントはとても狭いので、凡人には、なかなか見つけられない。やりすぎなものや足りないものは多くみかけるし、その狭いポイントを見つける才能のないものは、俗っぽい表現しかできない。たとえば有線で聞くJ-POPなどというジャンルの歌詞なんかも、全体的に固いというかこなれてないというか、芸がないものが多い。「なんとかでえ、なんとかでえ、なんとかなのですう~」とか「なんとかでえ、なんとかでえ、なんとかだー」とかのうんざりするような説明的な歌詞たち・・・。

 最近読んだ本によると、最近の若者は「悲しみ」の感情が減少して「怒り」の感情が増大しているらしいが、それはさておき、「悲しみ」という感情はやはり重要な感情だと思う私は、「悲しみ」という感情に、これほどまでに現代的な相貌を与えて定義した詩人は中也のあとにも先にもいないと思う。中也の「悲しみ」は私たち現代人の悲しみなのだ。そして「悲しみ」をちゃんと悲しむことは大事だよねと思う。だからいま中也を見直すってのはありだよね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

旅で出遭った異相のひと

 奈良について書いたついでに、旅で出遭った不思議な人物についての思い出を書いてみたいと思う。
 
 旅に出ると、日常生活では絶対に出遭わないだろうなという人に出遭ったりすることがある。二回目の奈良旅行の時のことだったと思う。奈良から少し足を伸ばして長谷寺に行った時のことだ。季節は五月の中旬から下旬にかけての頃だったと思う。有名な牡丹の時季は終わっていて、参拝客もまばらな季節だった。私は、行きは近鉄で桜井まで行き、そこからバスで長谷寺前という仁王門のすぐ近くのバス停で降りて(まだ、朝早い時間だった)、仁王門をくぐって有名な登廊を上り始めた。(この登廊は圧巻です。桜や牡丹の花の季節なら更によい眺めだと思います)そして本堂の長谷観音にお参りして、これも有名な本堂から張り出した舞台からの景色を眺めたりしていたのですが、ふと登廊の方を見た時、奇妙な人物が登って来るのに気が付いて、その格好の怪しさに目を奪われてしまったのです。上から順番に紹介すると、昔の学生帽のような帽子を被り、ブラック・ジャックのようなぼろぼろの黒いマントを羽織り、手には杖という、まるでタイムスリップして現代に現れた横溝正史の金田一耕助シリーズのドラマの登場人物のような不思議な人物が、見晴らしのよい所で立ち止まっては、大きな声で何か感想のようなことを言ったりしながら石段を登って来るのです。私は、面白さ半分と、怖さ半分で、その人物から目が離せなくなくなってしまったのです。 帰りは、みやげ物屋の並ぶ参道をぶらぶら歩きながらも、その人物との距離が縮まらないように注意しながら、近鉄の長谷寺駅に着いた時は、正直ほっとしました。そこから彼が何処へ向かったのかは、知る由もありませんが、彼は何者なのか、何処から来たのか、と考えさせられるような異相の人でした。たぶん、そういう空間でなければ出遭うことはないような。破戒僧のようにも見えました。

 もうひとつ、旅で出遭った人物について書いてみたいと思う。今度はイタリアの旅で。
 フィレンツェから普通列車でアレッツォという街に行った時のこと。目的は、アレッツォのサン・フランチェスコ聖堂にある、ピエロ・デッラ・フランチェスカの壁画を見に行くことだったのだが、イタリアの田舎街といった感じのアレッツォの駅で、この時は連れがいたのだが、連れがトイレに行ってホームでひとり待っている間に、いきなりがばっと腕をつかまれたのだった。見れば、目の下に隈のあるような痩せた女の人が、イタリア語で必死で何か言っていたが、いかんせん私のイタリア語は「こんにちは」とか「いくらですか」とか「トイレはどこですか」ぐらいのものだったので、彼女が何を言っているのか全くわからないので、そのままの姿勢で固まっていると、諦めて何処かへ行ってしまった。その表情から察するのに、「金をくれえ」か「薬をくれえ」というようなことを言っていたような気がしますが。駅を出てから歩いたアレッツォの街は、そんな駅での出来事がうそのような平和でちょっと退屈な田舎街だったのですが、それは、私たちがイタリア人に抱いているイメージ―陽気に人生を楽しんで悩みなんかあんまり無さそうというような―とは違うイタリアの別の一面に触れたような出来事でした。各駅停車のローカル線に乗ると、不思議とそういう人物に出遭うことが多く、そういう気配を感じた時は、言葉がわからないので余計に早く終着駅に着いてと祈りながら乗ったりしてました。そういうひとは、何かしゃべりながら車内をうろうろしていることが多いのです。イタリア人にも悩みがあり、イタリアの社会にも影があるということだと思いますが。勿論、イタリアのイメージどおりのひとも多いんですけれど。

 皆さんは、旅に出て、このような経験をしたことはありませんか。旅という非日常空間で出遭ったひとの思い出が
皆さんにもあるのではないでしょうか。余談とは思いましたがそんな思い出をちょっと書いてみました。

 ※感想お待ちしています。よかったらマイホームページの掲示板のほうものぞいてみてください。そちらのほうにも奈良旅行のエピソードをひとつ書いています。

| | Comments (3) | TrackBack (0)