Posts categorized "芸能・アイドル"

テレビの闇は深い。。~SMAP謝罪会見とか

 まだまだその余波が残っているかのような、SMAPの解散報道、そして異様な1人+4人による生謝罪会見を見せられて感じたことは、いろんなひとの呟き等に出尽くしているのでくわしくは書かないが、いつにも増してアンドロイドのように感情の起伏を感じないキムタクの前説→ 4人の謝罪 → キムタクの「 只前を向いて進みたい 」という言葉が前向きなだけにより一層虚しく響く〆の言葉で終わったあの会見見て「 よかった 」と思った和田さんみたいにナイーブなファンはそうそういないでしょうょ。。

 あの会見の気味悪さ、うすら寒さから一番感じるのは、前から苦手だったが、「 キムタクもう無理! 」ってこと。私は権力側に付いて罪人の処刑執行人みたいな役をHEROきどりでやっていることへの強烈な違和感しか感じない。。

 逆に、謝罪させられた4人からは、抑えようとしているけれど、虚無、諦念、怒り、納得できなさ、などの感情の起伏=人間性が感じられた。 
 
 今後も事務所から独立したタレント達を裏で手を廻して恫喝して、徹底的に干すみたいなやり方で、タレントやTV局を支配するやり方にみんな従うしかなく、SMAPはキムタク以外飼い殺しみたいになっていくのですかね。あまりにブラックだし、このやり方がこれからも続く限り、くそ面白くも無い才能、実力いまひとつのジャニタレがTVにあふれて、そのヘタクソな歌や演技が流れ続けるのを一般人たちはありがたく拝聴しないといけないってことでOKですか。。

 メリー副社長、まるで北朝鮮のあの方みたいですよね。紅白のマッチトリとか、そういうことでしたか。私的にはあれこそ「?」などうでもいいことでしたけど。

 SMAPの大ファンでもないけど、メリーがどうディスろうとジャニーズの最大のミリオンヒットは誰がどう見ても「 世界にひとつだけの花 」で、その実績をひとりのワンマン経営者が消すことは無理だと思う。今頃、いろいろと感情的な悪巧みを考えているだろうけどね。。

 体制につくか、反体制でがんばるかで力尽きたんだろうけど、悪魔にこころを打って、育ての親を見捨てたものが独り勝ちするような姿は見たくない

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シニカルな冷笑芸はもう時代遅れなんじゃない?&砂丘にダイヤは無し!

 まぁ、このタイトルの言葉以外に言いたいことはないんですが、誰のことっかって言うと、ビートさんや松本某さんみたいに、自分は傷つかない安全な場所にいながら、他人を上から目線でせせら笑う( 冷笑する )あの芸風なんですよね。もういい加減止めて欲しい。

 ネトウヨにも通じる上から目線的冷笑、もううんざり、飽き飽き。自分たちの人生、人格その他の空虚さを埋めるために、ネットという穴倉の中で偽物の優越感に浸っている感じに、吐気と痛々しさを覚える。そこから出てきて、その偽物の優越感から解放されれば、もっと感じよくなるのにねと思う。

 穴倉の中で、孤独に。。お仕事ご苦労様っていうべき?それはそれで、この格差社会の一断面ってこと?

 TVのなかに真実は無いよ。昔は、砂丘のなかに一粒くらいきらっと光る石を見つけられたけど、いまはもうそんなものは無い。国会中継はやらずに、都合のいいところだけ編集して流す公共放送とやら。そこのたぬきのような会長の顔。。勘弁して欲しい。日本のトップとやらの広告会社のお抱えデザイナーとやらのエンブレムが裁判起こされたのも、自業自得とは思うが彼一人の問題ではなく、トップと言われる方々の総体的なレベルの低下なんじゃない。なぁなぁでやってる分にはばれなかったでしょうが日本人はだませても世界はだませない。。東京オリンピックどうでもいいけど、電通さん、どうかAKBだけはセレモニーに出さないでって思うばかり。世界中から笑われるから。過去にサミットみたいなのでもう笑われたっけ?よろこび組みたいとか言われて。よろこび組だよ。。どうします?そうならないとは言えないところが怖いいまの日本。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

存在するだけでいい人々&健さんのこと

 
 演技しなくていい、存在するだけでいい俳優たち

 三船敏郎、笠智衆、原節子、高倉健

 などだろうか

 それはやっぱり凄いことだと思う

 
 それと健さんの追悼特番をいろいろ見たけど

 ああいう風に自分や周囲、あるいはロケ地の風土などまでを冷静に客観視できるところ

 凄く知的なひとだと思う

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高倉健さん関連記事紹介

 高倉健さんのご冥福をお祈りして、関連過去記事の紹介をさせて頂きます。

 まだまだお元気と思っていたので突然の訃報にショックを受けてますが。

最近のTVから プロフェッショナル仕事の流儀~映画界の伝説・高倉健スペシャル~ 
 
NHKスペシャル「高倉健が出会った中国」を見て(驕る必要もないし、卑屈になる必要もない)

 「単騎、千里を走る。」

| | Comments (0) | TrackBack (0)