« December 2015 | Main | November 2016 »

ドラマ 『 わたしを離さないで 』 視聴決定!

1話の出だしがあまりにも衝撃的だったので、視聴しようかどうか迷ってましたが、TBSTV 金曜日 PM:10:00 ~ からのドラマ『 わたしを離さないで 』、3話まで見て、視聴継続することに決定しました。

 『 白夜行 』テイストありますね。。シリアス綾瀬はるかを待ってました。

 クローンによる臓器提供というテーマは、この現実の ”メタファー ”だと思って見てます。

 
 2話で、森へ脱出したふたりの生徒が、臓器提供に出されたことを知った龍子先生に対する恵美子校長のセリフ、

 「あなたが理想とされているような 自由で大胆 制約のきかない子ども達ばかりになったら 結果はどうなると思いますか?  正しくあることが よい結果を生むとは限らないんです。 」

 
 3話での、優しさから、美和の行動をかばう恭子への、真実( まなみ )の台詞

 「でもそうやって逃げ続けるから なにも変わらないんだって 私達 そこにつけ込まれてるんだって そう思わない? 」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SMAPの会見続きとかつれづれ。。

 昨夜、スマスマの放送を一瞬ちらとのぞいて、キムタクの顔見て、一瞬でチャンネルを換えてしまったのですが。。なんで彼だけ残留だったんだろうと思った時に、奥さんに懇願されたということに加えて、このひとは自分の才能に心底からの自信が無いひとだったんだなと思った。

 いろんな報道を見るにつけ、SMAPが現在の国民的アイドルグループにまで上り詰めた=飯島マネージャーのセンスとプロデュース能力ですよね。キムタク人気も含めて。彼女がいなかったら、ジャニーズは光GENJIの後先細りしていたんじゃないのかな。少なくともいまのように芸能界で権勢をふるうような大事務所にはならなかったと思う。メリー氏のSMAPは「おどれないからダメ」とかいうダメ出しですけど、まったく論理的でない感情論レベルの難癖ですよね。彼女の言うおどれるって少年隊の「 仮面舞踏会 」みたいな古臭いダンスのことですかね。

 「 ただまえを見てすすみたい 」っていうキムタクの言葉は、マネージャーにとっちゃ決別宣言にも聞こえる。。

 「 世界にひとつだけの花 」という国民的ミリオンヒット曲は、飯島マネージャーのプロデュース力が無ければ生まれてませんよ。タダマエヲミテ、今後あの曲唄えます?なんか心の中に彼女に対するよほどの拘泥がなければキムタクのあの台詞は言えない気がする。独立組の4人は、ジャニーズ脱退というリスク<彼女の能力だったんじゃないか。

 その後の、ジャニーズ事務所=マッチの食事会とか勘弁してくれって感じ。。一部の奴隷が自由になろうとして失敗したのを、奴隷同士で慰めあうみたいな。。マッチは千と千尋の湯屋の湯婆婆につかえるカエルの支配人みたいな役回り。勿論、自由になろうとした4人は=悪者という路線での事務所のシナリオで。。ただし銭婆はいまのところいない。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ClaChic~高橋真梨子コンサート2015

 最近、NHKBSプレミアムで1月10日に放送された ClaChic~高橋真梨子コンサート2015 を録画したのを、CD代わりにずっと聴き続けている。桃色吐息などの有名な曲以外にも、いい曲があって、また安定の歌の旨さで、安心して聴けるのでいいです。

 名曲のカバーもいいのだが、「 虹の水 」、「 Painter~アグジジェントへ戻りたい 」、「 裸足のボレロ」、 などのオリジナル曲がなかなかいい。最初に挙げた3曲は高橋真梨子作詞で、その作詞能力もなかなかですし、作詞家阿久悠さんの遺作となった「 目を見て語れ恋人たちよ 」は、その歌詞がこころにずどんと来ました。これは阿久さんのマスターピースのひとつだと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

テレビの闇は深い。。~SMAP謝罪会見とか

 まだまだその余波が残っているかのような、SMAPの解散報道、そして異様な1人+4人による生謝罪会見を見せられて感じたことは、いろんなひとの呟き等に出尽くしているのでくわしくは書かないが、いつにも増してアンドロイドのように感情の起伏を感じないキムタクの前説→ 4人の謝罪 → キムタクの「 只前を向いて進みたい 」という言葉が前向きなだけにより一層虚しく響く〆の言葉で終わったあの会見見て「 よかった 」と思った和田さんみたいにナイーブなファンはそうそういないでしょうょ。。

 あの会見の気味悪さ、うすら寒さから一番感じるのは、前から苦手だったが、「 キムタクもう無理! 」ってこと。私は権力側に付いて罪人の処刑執行人みたいな役をHEROきどりでやっていることへの強烈な違和感しか感じない。。

 逆に、謝罪させられた4人からは、抑えようとしているけれど、虚無、諦念、怒り、納得できなさ、などの感情の起伏=人間性が感じられた。 
 
 今後も事務所から独立したタレント達を裏で手を廻して恫喝して、徹底的に干すみたいなやり方で、タレントやTV局を支配するやり方にみんな従うしかなく、SMAPはキムタク以外飼い殺しみたいになっていくのですかね。あまりにブラックだし、このやり方がこれからも続く限り、くそ面白くも無い才能、実力いまひとつのジャニタレがTVにあふれて、そのヘタクソな歌や演技が流れ続けるのを一般人たちはありがたく拝聴しないといけないってことでOKですか。。

 メリー副社長、まるで北朝鮮のあの方みたいですよね。紅白のマッチトリとか、そういうことでしたか。私的にはあれこそ「?」などうでもいいことでしたけど。

 SMAPの大ファンでもないけど、メリーがどうディスろうとジャニーズの最大のミリオンヒットは誰がどう見ても「 世界にひとつだけの花 」で、その実績をひとりのワンマン経営者が消すことは無理だと思う。今頃、いろいろと感情的な悪巧みを考えているだろうけどね。。

 体制につくか、反体制でがんばるかで力尽きたんだろうけど、悪魔にこころを打って、育ての親を見捨てたものが独り勝ちするような姿は見たくない

| | Comments (0) | TrackBack (0)

デヴィッド・ボウイを偲んで

 いま、この文章を、彼がYou Tubeにアップした新作の『★』を聴きながら書いているけど、そのMVを見てもわかるように、彼はただのロックアイドルではない。ボウイだったか、マーク・ボラン(T.Rex)だったかもう忘れたけど、確か、自分の音楽が、ロックの歴史の中で、ビートルズやジョン・レノンの系列に連なるものだと皆が思ってくれたらうれしいと言っていた。。。そう言ったのはボランだったかもしれない。。
 
 私は、ボランもボウイも好きだったけど、音楽的にはボランのT.Rexのほうにより魅かれていた。私は当時は、ボウイは純粋に音楽的というより演劇的に感じていた。でも彼の曲が、いまでも映画とかでよく使用されているのを見ると、彼の曲の音楽性の素晴らしさを再認識させられるし、その死によって、世界の音楽シーンにおけるその功績が今後さらに明らかになっていくだろうと思う。
 
 ただ、日本での一般人気は、あのリアル少女漫画のようなルックスから、一部のロックファン以外にとっては、アイドル人気以上のものでは無かったと思う。だがしかし、彼はいつだって真剣で、真面目で、芸術的で、政治的で、アヴァンギャルドで、そんな彼の本質はついぞ日本人には理解されなかったのではと思う。日本人が賛美していたのは、あのルックスのみだったのではないかと思われる。。

 私はと言うとベルリン三部作まではまだ必死で付いて行っていたが、大ヒットとなったレッツ・ダンスでなんとなくうっすら違和感を感じて、段々新作が出ても聞くこともなくなっていったのですが。。いまでも時々有線で彼の曲がかかると、やはりいいのですね。

 好きなのは、やはり「 ジギー・スターダスト 」「 アラジン・セイン 」「 ダイアモンドの犬 」辺りですかね。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

紅白とかつれづれ

 紅白、ひとりぐらいは聴きたい歌手がいて、そこだけ見たりするんだけど、今年はそれもなく、別に、って感じだったが、次男は、小林幸子は見たいのでってことで、TVのチャンネルは合わせて見ていたらしいのだが、最初の方で、「 曲も歌もなんかぐだぐだでもう無理。。 」って言っていて 、途中は飛ばして幸子の辺りだけ見ていた。

 自分も所々ちら見したが、なんなんんでしょうね、あのぐだぐだ感がさらに増した感じ。全体的に和田アキ子化した感じ。。過去のヒット曲メドレーや他人の曲のカバーも多かったし、ジャニーズ多過ぎるし、総じて歌のレベル低いし、ほとんどの出場者が、紅白引退宣言しても私は無問題ですって感じ。まぁ、生放送なんで、歌手の力量が出てしまいますしね。あの舞台が勿体ないなぁというレベルの方々多過ぎ。ジャニーズやAKBのCD売上とかファンの組織票でしょ。”人口に膾炙した ”ヒット曲なんて無かったのに、表層的な人気リサーチで、一部ファンの組織票人気を国民的人気みたいに煽るから史上最低視聴率なんでしょ?

 
 それと、「 やらかした 」のを、SNSとかで「 可愛い 」とか呟くの、モンスターペアレント的で超気持ち悪いので止めて欲しい。どんな感想を持とうが個人の自由だが、可愛いという形容詞は動物や子ども限定にして、呟く前に自分の感覚を客観視して欲しい、呟くのはこころの中だけにしてほしい、と思うきょうこの頃。呟きたいのなら「 私は 」を頭にちゃんと入れてくれと思う。巻き込まれたくないので。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2015 | Main | November 2016 »