« I'm kissing you 話 高橋大輔&宮本賢二 ~ KENJIの部屋4より | Main | スピルバーグ 「 太陽の帝国 」 »

いまさらレヴュー『 思いきり気障な人生 』

 『 沢田研二 A面コレクション 』のレヴューでもちょっと書いたけど、ジュリー史のなかで、わたしがどうも苦手意識があって避けていた男のダンディズムの世界、『 思いきり気障な人生 』のCDをついに手に入れました。
 
 それで、前にも書いたように避けていた問題の 『 サムライ 』をあらためて聴いてみて、う~ん、これはこれでなかなかいいじゃないかとあらためて思いましたです。。アルバムは、まずチャラララランチャララ~とキーボードが入ってから 「 ありがとうジェニ~お前はいい女だった~ 」 ですけど、これ、私の記憶では、TVとかでは、、いきなり「 片手にピストル 」って歌い始めてたと思うんですけど、アルバムの方のこのイントロのキーボード始まりがいいんです。シングルとアルバムバージョンの違いなのですねこれは。ノスタルジック感が増していてなんとも言えません。

 キーボードってことでは、『 さよならをいう気もない 』のエンディングもいいですね。これもアルバムバージョンみたいでキーボードのアドリブでフェイドアウトしていくところがとてもいい。

 あとは『 ナイフをとれよ 』がすきです。歌謡曲っぽいけど ” Theジュリー ”って感じの曲でもある。この歌詞とタイトルは、いまならNGになりそうですけど、この ” ゆったりとしたもの悲しさ ” みたいな感じがジュリーに合っていて好きな曲です。

 そして、「 あ~なたに今夜は~ 」の声の伸びはいつ聴いても心地よい。 

 全曲もちろん阿久悠さんの歌詞で、阿久ワールドなんですが、私、大野さんの曲にジュリーへの深い愛を感じてしまいます。。

 このアルバムのコンセプトは、現在の流行から見ると主流ではないと思うけれど、男性にとっては” 永遠のテーマソング ”みたいな面もあるのでしょう。そしてあらたな発見もあるから、ジュリーのCDは侮れない。そして、少しだけ苦手意識が克服されたアルバムでした。
 

|

« I'm kissing you 話 高橋大輔&宮本賢二 ~ KENJIの部屋4より | Main | スピルバーグ 「 太陽の帝国 」 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference いまさらレヴュー『 思いきり気障な人生 』:

« I'm kissing you 話 高橋大輔&宮本賢二 ~ KENJIの部屋4より | Main | スピルバーグ 「 太陽の帝国 」 »