« March 2015 | Main | May 2015 »

いまさらレヴュー『 思いきり気障な人生 』

 『 沢田研二 A面コレクション 』のレヴューでもちょっと書いたけど、ジュリー史のなかで、わたしがどうも苦手意識があって避けていた男のダンディズムの世界、『 思いきり気障な人生 』のCDをついに手に入れました。
 
 それで、前にも書いたように避けていた問題の 『 サムライ 』をあらためて聴いてみて、う~ん、これはこれでなかなかいいじゃないかとあらためて思いましたです。。アルバムは、まずチャラララランチャララ~とキーボードが入ってから 「 ありがとうジェニ~お前はいい女だった~ 」 ですけど、これ、私の記憶では、TVとかでは、、いきなり「 片手にピストル 」って歌い始めてたと思うんですけど、アルバムの方のこのイントロのキーボード始まりがいいんです。シングルとアルバムバージョンの違いなのですねこれは。ノスタルジック感が増していてなんとも言えません。

 キーボードってことでは、『 さよならをいう気もない 』のエンディングもいいですね。これもアルバムバージョンみたいでキーボードのアドリブでフェイドアウトしていくところがとてもいい。

 あとは『 ナイフをとれよ 』がすきです。歌謡曲っぽいけど ” Theジュリー ”って感じの曲でもある。この歌詞とタイトルは、いまならNGになりそうですけど、この ” ゆったりとしたもの悲しさ ” みたいな感じがジュリーに合っていて好きな曲です。

 そして、「 あ~なたに今夜は~ 」の声の伸びはいつ聴いても心地よい。 

 全曲もちろん阿久悠さんの歌詞で、阿久ワールドなんですが、私、大野さんの曲にジュリーへの深い愛を感じてしまいます。。

 このアルバムのコンセプトは、現在の流行から見ると主流ではないと思うけれど、男性にとっては” 永遠のテーマソング ”みたいな面もあるのでしょう。そしてあらたな発見もあるから、ジュリーのCDは侮れない。そして、少しだけ苦手意識が克服されたアルバムでした。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

I'm kissing you 話 高橋大輔&宮本賢二 ~ KENJIの部屋4より

 高橋大輔の I'm kissing you は見飽きないプロ。

 KENJIの部屋での『 kissing you 話 』は面白かった。

 「 パーティーの帰りのやさぐれ感 」、「 服をくしゃくしゃにするっていうのもあんまりない 」、「 ふだんの生活の動きをできるだけ取り入れた 」、「 オレンジ色がかった街頭に映る影を意識してくれ、そういう感じやったんやけど 」( 賢二談 )


 「 誰か知らない架空の人物を想いながら滑る 」、「 なんか疲れてはないねんけどなんか心さみしくて気だるい 」、「 でも情熱はめちゃめちゃある、出ないけど ・・」、「 素のままを見られているだけみたいなイメージで 」、「 僕はいっさいアピールしませんというつもりでやってました 」( 大輔談 )

 ↑ ほんとうに、言葉の選び方も含めてこの感性すきです。

 これとは別のインタヴューのeyeに関しての話のなかで、賢二さんが大輔について、「 なんでも簡単にやってしまうので、みんな難しいとわかんないじゃないですか 」とも言ってましたよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2015 | Main | May 2015 »