« 全日本フィギュア ( 追記あり ) | Main | 去年の今頃のないことないこと »

2012ニースワールド~2012国別対抗のジャッジ

 2012年のニースワールドでの高橋大輔のノーミスフリーの得点は173.94で銀。

 パトリック・チャンの得点は176.7で金。

 表彰式で、この結果に納得のいかない観客からはブーイングが出ました。

 この結果に” 何の利害関係も無いフランス”のTVの解説陣は、納得せず ”このジャッジについて何らかの調査をすべき ”とまでコメントしました。(この結果に日本のスケート連盟もマスコミも何の抗議もなくだんまり。日本のマスコミはチャンのことを絶対王者などと呼びはじめました。。)

 同じく2012年、国別対抗戦での高橋大輔のノーミスフリーの演技の点数は182.72とワールドより8点以上もはねあがり、彼のフリー演技はスケート選手仲間全員からも熱烈な祝福の拍手を受けました。ワールドと国別、演技内容にそんなに差はありません。なのに、ワールドの彼の点数はなぜにあんなに低く抑えれたのか。ワールドは世界チャンピオンのタイトルのかかった、オリンピックの無い年には選手にとっては最も重要な大会であり、それに比べて国別はさして重要視されてない大会です。ワールドではチャンにタイトルを取らせるために高橋の点は抑えられ、スケート選手にとってはどうでもいいような大会で、やっと正当に評価された。

 このようなフィギュアのジャッジは正当でしょうか。同じ選手の同じレベルの演技が、大会のレベルや思惑によって9点近く違うことは正当なんですか?

 ワールドの結果にジャッジ批判したフランスの解説陣や彼の演技にスタンディング・オベーションしたスケートの選手仲間達はスケートを見る目が無いんですか?

 こんな時にも、PCSは便利なんですよ。一般にはばれずに根拠も示さず点数操作できるから。

 そして、このような疑惑のジャッジが選手の精神にどうのような打撃を与えるかは、想像しただけでも明らかですよね。観ているだけの自分たちでさえ納得のいかなさをいまだにひきずっているのですから。

  2012ニースワールド高橋大輔FS  
  
2012国別対抗高橋大輔FS  

ニースワールド後仏TVインタビュー

  2012ニースワールドP・チャンFS

|

« 全日本フィギュア ( 追記あり ) | Main | 去年の今頃のないことないこと »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66021/60896316

Listed below are links to weblogs that reference 2012ニースワールド~2012国別対抗のジャッジ:

« 全日本フィギュア ( 追記あり ) | Main | 去年の今頃のないことないこと »