« PYG 「 花・太陽・雨 」、「 自由に歩いて愛して 」 | Main | 沢田研二入門レヴュー 『 Julie Special ~沢田研二 A面コレクション~ 』 »

PYG GOLDEN☆BEST ~見果てぬ夢~

  PYG GOLDEN☆BESTを購入して聴いています。その簡単な感想を。

 やはり「 花・太陽・雨 」は素晴らしい。「 やすらぎを求めて 」にも共通するこの”暗い観念性&繊細さ”は、まさしくロック!作詞家としての岸部修三の才能にいまさらですが感嘆しています。そして井上バンドと言えば今でも「太陽にほえろ!」ですが、PYGの代表曲2曲(「花・太陽・雨 」、「自由に歩いて愛して 」)を井上さんが作曲していることは”特筆に値する”と思います。
 
 そして4曲目、安井かずみ作詞の「淋しさをわかりかけた時 」ですが、ジュリーのソロの作詞(アイドル歌謡 )みたくなくて、ちゃんとバンドの唄になっていて、こういう歌詞も書けるんだと感心しましたです。おっと、「自由に歩いて愛して 」と「戻れない道 」も忘れてはいけません。

 ショーケンボーカル曲の「もどらない日々 」と「何もない部屋 」ですが、前者は岸部修三作詞で、後者は本人作詞。「もどらない 」のリリカルな歌詞を唄うショーケンは繊細でとてもいいのですが、本人作詞の「何もない部屋」では、”直接的な歌詞”のせいや思い入れが強いのか力み過ぎの歌唱のせいであまりいただけない。「自由に歩いて愛して 」のショーケンンもよいので、このひとは他人の曲を歌ったほうがよいのではと思いました。

 そして、後半にライブバージョンの曲が5曲。これがいいのですね。特にやはりジュリーのボーカル曲が。動画を観た時にも感じることですが、ジュリーは絶対レコード<ライブですね。「戻れない道 」みたいなシンプルなロックで曲にのっていくのが非常にうまいと思う。これも井上さん作曲ですね。

 そして最後の「祈る 」(ライブバージョン)で、やはり岸部修三の詞のワールドにもっていかれました。

 PYGは活動期間は非常に短かかったため、ベストアルバムといっても曲数が少なく、代表曲の2曲以外は知りませんでしたが、演奏はどれもさすがですし、私的に充分このアルバムを楽しんだのですが、このバンドが自然消滅したことは本当に残念ですし、PYGのメンバーにとってもこのバンドは”見果てぬ夢”だったのではと思います。日本の音楽シーンにとっても、とても勿体ないことだったんではないかといまさらながらに思います。

 このPYGの挫折が、その後のジュリーの井上バンドとのソロ活動に”何らかの屈折”を与えたのではと考えることもあながち無駄ではないと思います。

|

« PYG 「 花・太陽・雨 」、「 自由に歩いて愛して 」 | Main | 沢田研二入門レヴュー 『 Julie Special ~沢田研二 A面コレクション~ 』 »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66021/57999915

Listed below are links to weblogs that reference PYG GOLDEN☆BEST ~見果てぬ夢~:

« PYG 「 花・太陽・雨 」、「 自由に歩いて愛して 」 | Main | 沢田研二入門レヴュー 『 Julie Special ~沢田研二 A面コレクション~ 』 »