« 「 龍馬伝 」 第38回 | Main | 「 チップス先生さようなら 」 »

「 龍馬伝 」第39回&「 龍馬伝 サントラ ( これあらた ) 」

 今回の、「 龍馬伝 」第39回 、「馬関の奇跡 」は、わりに面白く観れました。
 
 冒頭の、弥太郎のシーンは、何か「 平家物語 」っぽい雰囲気が醸し出されていて興味深かった。
 
 土佐商会のセットや、弥太郎の変な背広姿も面白かったし、ピエール瀧の溝渕広之丞が出て来ると、弥太郎のアクの強さが少しだけ緩和されるので、ドラマのアクセントになっていいと思う。他にも、弥太郎、お元、お慶のシーンの演技もよかった。戦闘シーンも見れるものだったし。奇兵隊と社中の軍服もモダンで、幕府軍との対比がはっきりわかってよかったと思う。弥太郎の長崎行きは史実なので、創作があるにしても、これくらいなら観れる。創作は、史実を尊重して入れて欲しい!

 ドラマの感想は、これくらいにして、「 龍馬伝 」サントラ(Vol.3)の「 これあらた 」という、民謡調の女性ボーカルの入った曲が気に入ってます。代表的なシーンでは、以蔵の死を悼む処刑場のシーンで使われていました。(今回も、小倉で、奇兵隊が幕府軍に勝利した場面で使われてました。)同じく女性ボーカルの「 想望 」という曲がありますが、私はこっちの方に、より新鮮な驚きがありました。民謡で、こんなにモダンな雰囲気が出せることが。

|

« 「 龍馬伝 」 第38回 | Main | 「 チップス先生さようなら 」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66021/49587073

Listed below are links to weblogs that reference 「 龍馬伝 」第39回&「 龍馬伝 サントラ ( これあらた ) 」:

« 「 龍馬伝 」 第38回 | Main | 「 チップス先生さようなら 」 »