« 黒鉄ヒロシ作 「 坂本龍馬 」 | Main | 「 龍馬伝 15・16 回」 »

「 龍馬伝 」第14回

 「 龍馬伝 」第14回の感想を、今回も走り書き程度に。

 今回、一番よかったところは、井上暗殺シーンの演出と役者の演技です。初めて”人斬り”へと踏み出す以蔵の逡巡や恐れ、恐怖などが、よく表現されていたと思います。暗殺シーンを消音にしたことで、その効果がさらに出ていたと思います。あ~あでも、以蔵の最期を私はちゃんと見れるだろうか。以蔵に比べたら、武市は、まだいいよ。自分の信念に従ってやった結果だから。でも、以蔵は、・・・。自律しているか、どうかの問題になってくるんでしょうが。

 それにしても、ドラマの感想をちらちら見たりするんですが、批判している人に多いんですが、簡単なことを見逃して読解できてないひとや、普遍的な感情が理解できてなくてピントのずれた批判をしているひとが多いですね。例えば、第11回で、井伊暗殺されて、容堂が喜ぶところで、雪が降っているのだが、江戸の土佐藩邸との説明が出てるのに、「南国土佐なのに雪が降るのはおかしい!」とか、第13回の脱藩前の乙女姉やんとのやりとりで、脱藩で坂本家の皆に迷惑をかけることをすまなく思っている龍馬の気持ちを察した乙女が、何かを言おうとする龍馬を制するところは、龍馬の決意を認めた乙女の龍馬に対する思いやりなのだが、「なんでそこで龍馬にしゃべらせない?」みたいなトンチンカンな批判とか見ると、もうドラマを見るためのスキルの劣化(普遍的な感情への無理解)を感じずにはいられない。だから、まあ、あのくらいの視聴率なんですね・・・。

|

« 黒鉄ヒロシ作 「 坂本龍馬 」 | Main | 「 龍馬伝 15・16 回」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66021/48010776

Listed below are links to weblogs that reference 「 龍馬伝 」第14回:

« 黒鉄ヒロシ作 「 坂本龍馬 」 | Main | 「 龍馬伝 15・16 回」 »