« 福山龍馬のいいところ | Main | 黒鉄ヒロシ作 「 坂本龍馬 」 »

「 龍馬伝 」第13回

 
「 龍馬伝 」第13 回、「さらば土佐よ」を観た。ここ数回のドラマの演出の中では、今回が一番好きでした。

 今回は1部のラストのクライマックスとも言える、「龍馬の脱藩」と「東洋暗殺」という二大事件が描かれるのですが、その描き方に、この数回の回に感じた違和感 ( 例 ― 第10回の龍馬が加尾を取り戻しに上士の屋敷に行くところ、第11回、12回での東洋と龍馬の密接な関わりとか、東洋による武市足蹴演出とか、龍馬への嫉妬による後藤の弥太郎への龍馬暗殺指令とかは、やり過ぎな脚本、演出に思えたので )が無くて、1部のラストとして、とてもいい出来だったと思います。このふたつの事件を、ベタな演出を極力排して、まとめていたところが逆にとてもよかった。事件の前段のところの描き方は、これまでのドラマにないような、きめ細かな描き方だった。 特に、龍馬が脱藩前に弥太郎訪ねるところは演出、ふたりの演技とも出色でしたし、乙女との脱藩を想定したやりとりのシーンは、龍馬と坂本家の人々それぞれのお互いに対する思いやりが溢れるような演出で、泣かされました。演技もよかった。 これまでだとクライマックスのところを中心に、大盛り上げで描くところですが、「脱藩」は脱藩そのものは描かれず、龍馬のいなくなったがらんとした部屋と、寂しそうな坂本家の人々を映して表現してましたし、「 東洋暗殺 」も、抑制された描かれ方だったのが却ってよかったと思います。武市は、今回のように、いつも冷静な感じに描かれたほうが、凄みが出ていいと思うし。

 所々「ん?」なところはありますが、基本的には楽しく観させてもらってるのは、演出と演技、そして前にも書きましたが、セットや美術によるところが多いですし、それに「龍馬伝」が、” 父性 的なものを感じさせるドラマ ”ってところに、私は魅かれてるのかもしれませんね。そして私のイメージする龍馬は” 風 ”のような人なのですが、2部ではどう描かれるのかに注目して待ってます。

|

« 福山龍馬のいいところ | Main | 黒鉄ヒロシ作 「 坂本龍馬 」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66021/47940954

Listed below are links to weblogs that reference 「 龍馬伝 」第13回:

« 福山龍馬のいいところ | Main | 黒鉄ヒロシ作 「 坂本龍馬 」 »