« February 2010 | Main | April 2010 »

「 龍馬伝 」第13回

 
「 龍馬伝 」第13 回、「さらば土佐よ」を観た。ここ数回のドラマの演出の中では、今回が一番好きでした。

 今回は1部のラストのクライマックスとも言える、「龍馬の脱藩」と「東洋暗殺」という二大事件が描かれるのですが、その描き方に、この数回の回に感じた違和感 ( 例 ― 第10回の龍馬が加尾を取り戻しに上士の屋敷に行くところ、第11回、12回での東洋と龍馬の密接な関わりとか、東洋による武市足蹴演出とか、龍馬への嫉妬による後藤の弥太郎への龍馬暗殺指令とかは、やり過ぎな脚本、演出に思えたので )が無くて、1部のラストとして、とてもいい出来だったと思います。このふたつの事件を、ベタな演出を極力排して、まとめていたところが逆にとてもよかった。事件の前段のところの描き方は、これまでのドラマにないような、きめ細かな描き方だった。 特に、龍馬が脱藩前に弥太郎訪ねるところは演出、ふたりの演技とも出色でしたし、乙女との脱藩を想定したやりとりのシーンは、龍馬と坂本家の人々それぞれのお互いに対する思いやりが溢れるような演出で、泣かされました。演技もよかった。 これまでだとクライマックスのところを中心に、大盛り上げで描くところですが、「脱藩」は脱藩そのものは描かれず、龍馬のいなくなったがらんとした部屋と、寂しそうな坂本家の人々を映して表現してましたし、「 東洋暗殺 」も、抑制された描かれ方だったのが却ってよかったと思います。武市は、今回のように、いつも冷静な感じに描かれたほうが、凄みが出ていいと思うし。

 所々「ん?」なところはありますが、基本的には楽しく観させてもらってるのは、演出と演技、そして前にも書きましたが、セットや美術によるところが多いですし、それに「龍馬伝」が、” 父性 的なものを感じさせるドラマ ”ってところに、私は魅かれてるのかもしれませんね。そして私のイメージする龍馬は” 風 ”のような人なのですが、2部ではどう描かれるのかに注目して待ってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

福山龍馬のいいところ

 ” 福山雅治の龍馬役なかなかいいじゃない ”と、前に書いたけれど、その理由を簡単に書いてみる。

 それは彼が演じているのが、”いわゆる龍馬”ではないこと。いわゆる龍馬ってのは、” 演技派=つまり、自分の演技がうまいことを見せたいひと ”が演じるとそうなる。福山君は、自分の演技を巧いとは思ってないから、”うまいでしょ、俺 ”ってところを見せたいわけではない。近年、龍馬を演じた代表的な役者さんたちとはそこが違う。だから、いい具合に力が抜けている。そのいい具合に力が抜けた感じが、私の想像する龍馬にぴったりなのだ。こせこせしてなくて、大器晩成で、ひとが自分の周囲に築いているバリアーをひょいと飛び越えて、いつのまにかその懐に飛びこんでいる。そんな人物を描くのに、演技にたいして一歩引いた位置にいる彼だからいいのだ。

 だからといって、あの時代の熱さがないわけではない。そんな彼が、これまでの役では要求をされなかったこと、つまり初めて” 感情を出す演技 ”を求められて、その要求にきちんと正面から答えているのがいいのだ。福山雅治だからって敬遠しているひと、損してますよ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「 龍馬伝 」第9回、10回の簡単な感想

 「 龍馬伝 」第9回、10回の簡単な感想を書いておきます。

 ストーリー的には、9回の「 命の値段 」のほうに感動しました。ドラマの後の「龍馬伝紀行」で、山本琢磨のその後の人生を知って泣きました。

 10回は、龍馬の恋愛の比重が多過ぎて、大河ドラマとして見ると少し単調な気がしましたが、悲恋を演じる役者の演技( 福山・広末ともよかったと思います )には凄く惹きつけられました。ただ、史実的には、龍馬は、まだいわゆる龍馬にはなってないにしても、そして現代人に通じるところがあったであろう龍馬ですが、加尾への愛情表現が現代的すぎる気もしました。というか、ラストの別れの所はよかったけれど、柴田家に連れ戻しに行くところなどは、少し劇的に演出しすぎかなと思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2010 | Main | April 2010 »