« 「 龍馬伝 」第3回、走り書き | Main | 「 龍馬伝 」第9回、10回の簡単な感想 »

お佐那様

 今回も、「 龍馬伝 」について、ちょっとだけ。

 千葉道場での佐那とのエピソードについて、これまで龍馬の人生において、佐那は龍馬を彩る女性のひとりとしか見てませんでしたが、「 龍馬伝 」では、脚本がいいのか、演出がいいのか、演技がいいのか、本当に、青春の爽やかさ、初々しさが出ているし、龍馬の人間的魅力も出ていて、佐那とのシーンがとても好きです。

 出会った女性に、一生独身を貫かさせ、墓に「坂本龍馬室(妻)」と刻ませるのは、龍馬に、並々ならぬ吸引力があったという証拠ではないでしょうか。そういう”運命のひと”に出会ったことが、佐那にとって、幸だったか不幸だったかかはわかりませんが、歴史に名前は残ったわけで。
 
 今後、龍馬の”紋付の片袖の形見”のエピソードは出てくるのでしょうか。

|

« 「 龍馬伝 」第3回、走り書き | Main | 「 龍馬伝 」第9回、10回の簡単な感想 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66021/47511542

Listed below are links to weblogs that reference お佐那様:

« 「 龍馬伝 」第3回、走り書き | Main | 「 龍馬伝 」第9回、10回の簡単な感想 »