« 「 龍馬伝 」 | Main | お佐那様 »

「 龍馬伝 」第3回、走り書き

 「 龍馬伝 」第3回の感想を、時間が無いので、走り書き程度に書いておきます。

 今回も、相変わらず弥太郎、弥次郎親子が”濃かった”けれど、意外に広末涼子がよかった。殆ど化粧気無しな感じに日本髪が似合って、土佐の武家の娘という感じがよく出ていたと思う。

 それと、半平太ー以蔵ラインへの伏線が張られた。以蔵の死のことを思うと、今でも痛ましさを覚える。その魂のために祈りたくなるほど。半平太と以蔵の間にある下士の間での階級差。自分への尊敬や信望を利用する半平太。個人的に、この「原理主義」と「テロリズム」、の果ての頗る現代的とも言える悲劇がどう描かれるかに大注目している。という意味で、今回の半平太の道場のシーンには、ぞくっとさせられた。

|

« 「 龍馬伝 」 | Main | お佐那様 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66021/47332646

Listed below are links to weblogs that reference 「 龍馬伝 」第3回、走り書き:

« 「 龍馬伝 」 | Main | お佐那様 »