« October 2008 | Main | December 2008 »

「 レッド・クリフ PartⅠ」

 「 三国志 」と言ったら、昔、NHKでやっていた人形劇を、ぼんやりと思い出すくらいで、ゲーム「 真三國無双 」をやっている子どものほうが、余程詳しいので、「 三国志 」自体に余り思い入れを持ってない者の感想なのですが、「PartⅠ」は長い長いプロローグで、「赤壁」の闘いの本編が描かれるのは「PpartⅡ 」なんですよね。だからⅡまで観てから最終的に評価しようと思いますが、「 Ⅰ 」は、傑作かと言われると、う~んんんっ、というところでしょうか。
 
 出だしはよかったです。曹操の登場シーンは、彼の傲慢さと残忍さに恐れおののき沈黙する皇帝や大臣たちなどの表現がよかったのですが、違和感があったのは、その後に延々と続く戦闘シーンです。「三国志」の有名な英雄たちが「超人的に強過ぎる!」のと、彼らが一人ずつ顔見せのように出てきて、カンフーアクションのような型どおりの活躍をして、最後、ハッとポーズを決めて行くような表現を延々と見せられると、なんか途中で白けてしまって、飽きてしまった。早く戦闘シーンが終わらないかなあと思いながら見ていた。それと多くのひとがいらないと言っていた、周瑜と妻小喬のエロティックなシーンですが、曹操がこの闘いを始めた理由が、「周瑜の妻小喬を自らのものとするため 」と説明されているので強調されているのでしょうが、長くて思わせぶりで、そんなに長くいらない感じでした。所々、好きなシーン( 孔明が孫権を最初に訪ねるシーンとか、同じく孔明が周瑜の赤壁での軍の訓練を観に行くところとか、曹操軍が油断しているところとか、ラスト周瑜と孔明が曹操の大軍を赤壁から遠望するシーンとか )あったのですが、先にあげた戦闘シーンとかラブシーンとかが冗長で、なんかチープになってしまう、ゲームの実写かカンフーアクション映画を見させられている気分に所々なってしまうのです。もうちょっとリアルにストイックに表現してくれないかなと思う。お腹いっぱいになるというか。戦闘シーンをすごく長く感じてしまった。そう言えばチャン・イーモウの「ラヴァーズ」の最後の闘いのシーンも、様式的で、いまひとつだったし、なんでかなあ、あの様式性は中華圏の特徴なのでしょうか。黒沢明は、その辺りはやはり凄かったと思う。様式的なところ、リアルでない部分を入れているのだけれど、リアルさがあったし、嘘くささは感じなかった。
 
 「赤壁」のような多勢に無勢ってのは「パイレーツ・オブ・カリビアンⅢ」のラストでもあったけれど、娯楽大作だとしても、あのぐらいに描いてくれればと思う。「三国志」ファンは不満でしょうけど。私の一番の不満は、金城君の声が吹替えだったことですけど。(トニー・レオンも吹替えだったらしいけど、)彼の声が聞けるのと聞けないのとでは私にとっては天と地ほどの差があります!「 partⅡ 」を少しだけ期待して待ってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドラマ「 青い鳥 」

 gooブログにglobeのことを書いた記事の中で、TBSの「 青い鳥 」(1997年放送)というドラマ(主題歌がglobeの「Wnaderin` destiny」)のことを少し思い出したので、YouTubeで主題歌を聴くために、アップされているドラマの断片を見て、久しぶりにあのドラマのことを思い出した。
 
 globeの主題歌のイメージのように、主人公たち、豊川悦司(田舎の元駅員)と、その恋人で人妻の夏川結衣と、その娘の鈴木杏(成長してからは山田麻衣子)がまず、北へ、妻を追ってくる夫(佐野史郎)から逃れながら安住の場所を求めて逃避行する前半と、その恋人が死んでしまったのち、彼女の死(=自殺)の罪を被って服役したのち出所した主人公が、彼女の娘とともに、今度は南へ向って旅する。母の遺灰を、埋葬するための。南十字星の見える島(九州の南端にあるという設定)までいっしょに旅して、明け方のほんの一瞬、南十字星の四つの星のうちの一つだけが水平線近くに見える時刻に、ふたりが、母と恋人の遺灰を海に向かって撒くシーンが、とても印象的だった。しかし、今回もまた主人公は誘拐の罪に問われ服役することになる。その場所で、ふたりが交わす「青い鳥」の話(時のおじいさんのエピソード~「不幸を目印にして私を探して」)は、そのあとのふたりの駅での別れと、ドラマのラストシーンに繋がっていく。
 
 これらの旅はほとんどが鉄道というところが、なんかノスタルジーを掻き立てられるし、そこに逃避行という要素が加わると、さらに恋が、その不安定さゆえに甘美さが加わる、というところは、昔からのドラマの常套のように思えるが、脚本が野沢尚で、彼独特の暗さと哀切さを伴う独特な雰囲気のドラマだったと思う。そして、このドラマの豊川悦司と夏川結衣の若さと、その演技を見て、現在の彼らと比べて隔世の感を受けるのは私だけではないと思う。「青い鳥」は豊川悦司の主演ドラマの中のベスト1だと私は思う。視聴率では、出世作となったもうひとつのドラマにはかなわないと思うけれど、主人公の柴田理森は、高倉健が演じてきた日本のドラマの主人公の正当な系譜に繋がっている。

 そしてglobeの主題歌「Wnaderin` destiny」のえもいわれぬ暗さも、このドラマによくマッチしていたと思う。そして、その暗さこそがglobeの現代性だと私には感じられる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | December 2008 »