« 映画「PEACE BED」 | Main | 時間が無いので簡単に書きます~私がドラマ「歌姫」を評価する理由~ »

「歌姫」十一話(最終回)~やっぱり太郎ちゃんが好き!(追記あり)

 「歌姫」、久々にドラマで人々の細やかな感情を見せてもらいました。
 
 勝男が「あっけない別れやったぜよ・・」と言った、別れのシーンが好きでした。
 
 ほんとうに「歌姫」は最後まで・・・。
 
 1シーン、1シーンが、そのセリフが愛おしいです。

 鈴との別れのシーンで鈴がロビーから出て行くのを見届けて顔を上げ、勇一から太郎に戻ったところに

 グッときて、

 やっぱり「太郎ちゃんが好き!」と思いました。

 いい最終回でした・・。拍手です。

 とりあえずきょうはこの辺で、おやすみなさい。

 描かれなかった太郎と鈴や土佐清水の人々のその後の物語を、想いながら寝ることにします。


 追記:最終回、あれから何回かリピートしてますが、観る度に新しい発見があって、ますますよくなって来ます。何度観ても、鯖子の太郎を送る言葉辺りから涙がどーっと流れてきます。最初は、切なさと哀しさで一杯で見逃していた細部に気付くと、ますますよくなって来ます。バスで行く太郎をゲルマンや漁師たちやメリーやロシアたちが見送るシーンもジンとします。太郎と同じように泣いてしまいます。バスを追いかける鈴に気付きながら振り返らずに泣く太郎にジンと来ます。太郎の鈴への告白の脚本の出来にジンと来ます。それを聞いている岸田家の人々のセリフや表情にジンと来ます。そして、太郎の最後に見せる表情で少し落ち着いて、去っていくバスを包む夕焼けの美しさに落ち着いて、最後、現代の旭とルリ子の出会いにホッとして終わります。鈴が「松中さん」と呼んでいるクロワッサンと結婚するまでには、まだ長い時間がかかりそうですし、お互いを想いつつ別れた太郎と鈴も、勇一がもどってきた美和子も、優しい美和子には鈴に対する負い目が一生残ったでしょうし、それぞれそれなりに幸せな一生だったでしょうが、彼らの結婚は最初から100%の幸福に達することはなかったでしょう。


  鯖子 「 たろおっ、楽しかったねや、ほんまにっ楽しかったねや、

   がんばるがぞっ、がんばるがぞっ、がんばるがぞっ、」

  
  太郎 「ワシのほれたはれたなんぞ二の次じゃあ 」 (ジェームスに)


 1話から最終話まで観て、ドラマ「歌姫」が傑作であると確信しました。芥川や「のど自慢大会」もちゃんと最終話につながりましたし、まだまだ見落としている伏線がありそうですが。


 ※「歌姫」に関しては、関連でもう1個記事を書きたいのですが、いつになりますやら・・。


 

 

|

« 映画「PEACE BED」 | Main | 時間が無いので簡単に書きます~私がドラマ「歌姫」を評価する理由~ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66021/17439545

Listed below are links to weblogs that reference 「歌姫」十一話(最終回)~やっぱり太郎ちゃんが好き!(追記あり):

« 映画「PEACE BED」 | Main | 時間が無いので簡単に書きます~私がドラマ「歌姫」を評価する理由~ »