« 長瀬君の演技&「歌姫」ニ話の感想 | Main | 映画「ひまわり」へのオマージュ~「歌姫」四話の感想(追記あり) »

ファンタジーとしての虚構&「歌姫」三話の感想

 昭和30年代、土佐、方言、戦争による記憶喪失。ドラマ「歌姫」は一種のファンタジーだ。「歌姫」とはそういう設定でしか描けないものを描こうとするドラマである。今となってはアナクロに見えるギャグや極端過ぎるキャラクター設定などもそのためである。そこら辺で真面目な方はひっかかる。ギャグが寒い、鯖子が変過ぎる、等々。彼らにとって、ドラマとは現実を切り取って、それをエンターテインメントとして提示してくれるものなのだろう。例えば、いじめとか殺人とか不倫とか援交とか嫁姑問題とかの現代的テーマからどれかひとつ取り出して、それをちょっと刺激的に味付けし、現実ってこんなものだよって提示すれば、みんな拍手喝采。”人の不幸は密の味”的にこちらは何の痛みをも感じずにそれらの他人事の”不幸”を楽しむ。大事なのは”自分は何の痛みもなく”ってことで、その点ではせんべいをかじりながら自分の人生とは何の共通点もないであろう昼ドラを見ている主婦と同じである。自分とは何の接点もないのだから、描かれる不幸は極端で刺激的であればあるほどいいということになる。つまりヒロインがドロドロの不幸に突き落とされ、誰かが死んでくれれば一番盛り上がるってことだ。そして、そういう極端なシチュエーションばかりだと複雑で微妙な感情表現なんていう演技力はいらない。少々演技力に難のある俳優でも気にならない。型にはまった演技でよければ、ベテラン俳優の演技力も必要ない。だから、現実からテーマは取られているが、リアリティの無いドラマが出来上がる。だったら、これくらいの思い切った設定によって作者の描きたいことを見せてくれるほうがいい。長瀬智也の魅力的な芸も見られるし。


 と言うわけで、「歌姫」第三話ですけど、今回は二つもオチ(ゲルマンの拉致と、クロワッサンの松と、)があって、ドラマの定型(太郎の立ち回りや、憎々しく怖い敵役)を期待していた視聴者は2回もすかされたことになって、なかなか一筋縄ではいかないドラマである。三話にして明らかになったクロワッサンの松のキャラクターには、笑いが止まりませんでした。クールな敵役と思い込んでいましたが、佐藤隆太キャスティングの理由がやっとわかりました。

  松 「わしは、わしは、泣いたら強うなるがぜよ~! エ~ンエ~ン・・」

  勝男、浜子、泉、 太郎 「カッコ悪いぜよ~」

  (もう笑うしかないです!)

 はらはらどきどき次週に続くを期待していた真面目なひとには、御愁傷様ですが、私は見続けます。このドラマは、現在の多くのドラマが陥ってしまっているドラマの概念や公式に対して挑戦しているし、そのファンタジー性が好きだし、魅力的な主役長瀬=太郎の芸が見られるから。ユーモアを含んだ演技を作為的ではない芸にまで昇華して見せてくれる若手ってあんまりいないから。
 
 深刻ぶるのは、まだ余裕があるからだ。(他人事化した不幸を楽しむのではなく)ユーモアを持って現実を眺め返す物語(主人公)は、お先真っ暗な現実を生きていくための勇気を与えてくれる。

|

« 長瀬君の演技&「歌姫」ニ話の感想 | Main | 映画「ひまわり」へのオマージュ~「歌姫」四話の感想(追記あり) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66021/16858717

Listed below are links to weblogs that reference ファンタジーとしての虚構&「歌姫」三話の感想:

» 歌姫 第3話 [アンナdiary]
今回は、鈴と太郎じゃなくて「クロワッサンとヒラメ」の回でした(爆)それにしてもクロワッサン弱すぎる〜!ラストはドラマじゃなくて、まるで劇場のコント。ドラマなのか?コントなのか?シリアスなのか?コメディなのか?でも、太郎とヒラメの男の友情には泣いてしまった単細胞の私(汗) ... [Read More]

Tracked on October 28, 2007 at 07:21 PM

« 長瀬君の演技&「歌姫」ニ話の感想 | Main | 映画「ひまわり」へのオマージュ~「歌姫」四話の感想(追記あり) »