« ドラマ 「歌姫 」 (追記あり) | Main | ファンタジーとしての虚構&「歌姫」三話の感想 »

長瀬君の演技&「歌姫」ニ話の感想

 ドラマ「歌姫」での長瀬君の演技を観て感じたことを少し書いてみたいと思う。
 彼の前回主演ドラマ「マイボス」は、子どもたちが好きだったので時々見ていた。その時と比べても演技力は上がっているというか、マイボスの時は少し演技がよくあるパターンの型にはまってしまう時があって、(今回より荒唐無稽な役だったのもあるが)気になったのだが、今回はまったく気にならずに、太郎になりきっている。今のところ安心して観られます。
 1話のレビューで、ドラマ「歌姫」は、「三丁目の夕日」や「フラガール」よりも上と言ったのは、主演の長瀬君の演技によるところも多い。そして私がそれらの映画がいまひとつなのは、「三丁目」の堤真一、吉岡秀隆や「フラガール」の豊川悦司の演技がだめなのです。吉岡君、あんなにヘタだっけと思ったり、トヨエツ、炭鉱労働者の雰囲気がしないし、しゃべると声が高くてだめだな~とか、そして特にだめなのが堤真一の演技で、彼がどんなにはじけた演技をしようとこちらは引くばかりなのだ。(どうしてこんな悪いパターンになっちゃたんだろうこのひと。)この三人と長瀬智也の演技の違いはなんだろう。長瀬智也の演技は、こちらに「 このひとひょっとしてこんなひと 」と思わせるくらい作為(演技)を感じさせないのだ。そこが素晴らしい。前々回の記事で書いたアラン・ドロンの言っていた「役を演じるタイプ」と「役を生きるタイプ」と言うことなのかも知れない。このふたつのタイプを比べて、一般に演技派と言われるのは、前者なのだが、どうも彼らはまだ、そう名乗るほどの実力まではついてないので、大袈裟さや作為のキツさの目立つ演技になってしまうのだろう。そんな演技と比べても、作為を感じさせない長瀬君の演技が上に思える。
 そんな長瀬君演じる 「歌姫」の四万十太郎は、いい男です。

 
 ちょっとだけニ話のことに触れると、芥川が歌っていたのは、「アカシアの雨がやむとき」(歌/西田佐知子=現関口宏夫人)という昭和歌謡の名曲ですが、その選曲の渋さは個人的に受けました。先週は鈴の「青い山脈」でしたね。太郎の「監獄ロック」は、戦争で記憶を失ったという設定との辻褄がどうなんだろうという点がひっかかりました。鯖子の短歌+と神宮寺君の太鼓は受けました。(その直前のお約束の力道山ネタも。)鯖子のボケに対する高田純次=勝男のツッコミの間とかタイミングが絶妙です。風吹さんよく笑わないで演技できるなあと感心してます。茶の間のシーンとかバーが出て来るところとか、往年の人気ドラマ「寺内貫太郎一家」を彷彿とさせるところもあります。(主要なキャスティングとかはこっちのほうがこなれていると思います。)というわけで私は充分楽しんでいますが、そういう細部を楽しめないひとや、ドラマとはこうあるべきというのが強いひとはだめなのかしらね。わざとらしいと言われているギャグも、太郎自身と、鈴や、太郎を取り巻く人々の予感している、切ない未来への助走だと考えれば納得がいくので私は気にならないです。たろたろりんりんりんもね。
 兎に角、私は、あのオリオン座のオープンセットだけでも百点を上げたいくらいですので!

|

« ドラマ 「歌姫 」 (追記あり) | Main | ファンタジーとしての虚構&「歌姫」三話の感想 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

はじめまして!コメントありがとうございます。

私も長瀬君の演技はすごく好きです♪
今回の太郎は、私の好みです(笑)
このドラマ、昭和の香りがプンプンなので
古臭いのが苦手な人は、入り口でダメなのかな?

>切ない未来への助走だと考えれば納得がいくので

そう、そう!切ない未来への助走ですよね。
だから太郎と鈴の絡みは全てが愛おしく感じるのです。
現在から始まり、現在に戻って終わるんだと
予想しますが、見終わった後素敵なお話だったと絶対思えるはず。私は最後まで見ますよ。

Posted by: アンナ | October 21, 2007 at 08:15 AM

こんにちは
コメントありがとうございます。
テンメイさんのところで
すれちがったことはあると思うのですが、
(ロム専でしたが)ブログは時々のぞかせてもらってます。
今回あまりの視聴率に思わずTBさせてもらいました。

長瀬君はこのまま突っ走ると思うので、
今後、相武紗季ちゃんがどこまでがんばれるかだと思いますが、
彼女、感が良さそうだし
昭和な感じは出せてると思うので今後、期待できそうですね。

Posted by: azami | October 21, 2007 at 12:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66021/16823276

Listed below are links to weblogs that reference 長瀬君の演技&「歌姫」ニ話の感想:

» 歌姫 第2話 [アンナdiary]
なんかドラマというより舞台を見ているような感じです。 みんな少しづつオーバーリアクション。きっと舞台で見たらしっくり見れるのかも。 でも、鈴がいい!相武紗季ちゃんの鈴は今のところ、今クール私の中で最優秀女優賞♪これも相手役の太郎ちゃんがいいからだと思うなぁ。。。しかし、鯖子さんのキャラがすご過ぎて、どうしたもんかと(笑)... [Read More]

Tracked on October 21, 2007 at 08:16 AM

» オークション(アニメ・タレントテレカなど) [みんなのVIDEO]
後藤久美子、宮沢りえ、リサ・ステッグマイヤー、田村正和、高橋克典、松雪泰子、浜田雅功、細川ふみえ、常盤貴子、福山雅治、桃井かおり、田中美佐子など他多数 出品中。 [Read More]

Tracked on October 24, 2007 at 11:17 AM

« ドラマ 「歌姫 」 (追記あり) | Main | ファンタジーとしての虚構&「歌姫」三話の感想 »