« 「野ブタ」最大の謎~母親の不在について | Main | QUEEN GREATEST HITS »

主役の魅力不足とファンタジーの不足(「華麗なる一族」中心に)

 今季のドラマをざっと見渡して、私はキャスティング重視(いまいちだと思っても、気になる俳優が出ているとけっこう見てしまう)なので、そんな意味では(今季、観たいのは「華麗なる」の一之瀬四々彦役の成宮寛貴君くらいなので)、不作だなあ感は否めない。好きな俳優が出ている作品は、大体の場合好きになることが多いのですが。

 「華麗なる一族」の2回目の視聴率が下がったみたいですね。高視聴率のドラマは、私にとっては、つまらないことが多いので、よい傾向かな、これは・・・。私はまだ判断保留中ですが。今のところ、脇役陣には殆ど不満は無いのですが、肝心の主役のふたり、キムタクの演技が(鉄平は、はまり役のはずなのに)どうしても気になってしまうのと、欣也さんが(趣味の問題ですが)微妙なので、ドラマに集中できない。キムタクは悪くはないけれど、よくもない。なんて言うか、観ているこちらを惹きこむようなオーラが今のところ感じられない。達者な脇役陣相手にいっぱいいっぱいな感じは今のところ否めない。だから、経済ドラマの部分での脇役陣の演技は安心して観ていられるし、充分おもしろいし、四々彦と二子の恋愛にも注目なのですが、今のところ、やはりわくわく感はない。これから鉄平や彼の会社は追い詰められていくことになるのだろうから、そうなると・・・キムタク次第ですね、やはり。いわゆるキムタクの陣地から出た彼がどこまでやれるか、でしょう。それにしても、高須相子のような女性は今でもいると思うけれど、あそこまで露骨なのは現代では考えられないので、ちょっと、その辺りの古さに女性として拒否反応がありますね。経済ドラマとしては、問題ないと思うけれど、人間を陳腐にならずに描けるかだろうけれど、相子、寧子、大介の関係は現代的感覚の理解を超えているので、一種の時代劇として観ればいいのかもしれませんが、単なるノスタルジーや退廃ごっこではない、現代とリンクする何かを描きたいのであれば、寧子の性格等に現代的な脚色があってもよかったのではと思ったりします。(キムタクファンの子どもが観ているからとかの理由ではなくて。)この辺りのいらいらは、二子の恋愛が中和してくれるのでしょうが。で、わくわくしない、というのは、やはり、今季のドラマ全般に言えるのが、総じて、主役の魅力不足と物語にファンタジーが不足しているからだと思います。この場合のファンタジーとは、一例を上げると、「ごくせん」は絵空事っぽいが、「野ブタ」には良質のファンタジーがある(一般に”絵空事=単純のほうが視聴率はよい”ということを皮肉を込めて指摘しておきますが)、という広い意味でのファンタジーです。それには、現実の閉塞感を打ち破るような力強さが含まれているので、ちょっと悪ぶったり退廃ぶったりする小手先の演技からは生まれて来ないものです。日本の文学に一番欠けているものと言ってもいいと思いますが。個人的にも、私は”退廃的”表現とかにはあきあきしているし、というか、あってもいいんだけれど、そこに深みや凄みがないと笑ってしまうほうなんで・・・。

|

« 「野ブタ」最大の謎~母親の不在について | Main | QUEEN GREATEST HITS »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66021/13643830

Listed below are links to weblogs that reference 主役の魅力不足とファンタジーの不足(「華麗なる一族」中心に):

» 紅の紋章を皮肉る [紅の紋章を皮肉る]
昼ドラマの「紅の紋章」が終わりそうですね。視聴者の間では前の「美しい罠」に比べかなり評価が低いように感じます。そこで紅の紋章を皮肉って見たいと思います。 このサイトをぜひ参考にしてください。 [Read More]

Tracked on January 26, 2007 at 07:51 PM

» 無言で泳ぎ去った将軍~『華麗なる一族』第2話 [テンメイのRUN&BIKE]
  将軍、僕は高炉を立てます。間違ってないですよね?   ・・・・・・・・・・・ [Read More]

Tracked on January 26, 2007 at 11:29 PM

» イジメっ子、イジメられっ子芸能人ランキング! [芸能FLASH]
いじめられっ子そうな芸能人ランキング 堂々の1位にランクインしたのは堀北真希。 2005年のドラマ「野ブタ。をプロデュース」のイメージが今でも強烈に残っているようだ。 →Ranking 2位は沢尻エリカにイジメられていたと言われているサエコ。同じ沢尻会のメンバーで、ドラマ「のだめカンタービレ」で共演した上野樹里にアッシーにされてるとの噂も。 3位には中川翔子がランクイン。アイドルのイメージを覆すオ�... [Read More]

Tracked on February 06, 2007 at 09:02 PM

» 華麗なる一族 [あなたに読んでもらいたい本]
業界ランク第10位の阪神銀行頭取、万俵大介は、都市銀行再編の動きを前にして、上... [Read More]

Tracked on February 11, 2007 at 01:50 PM

« 「野ブタ」最大の謎~母親の不在について | Main | QUEEN GREATEST HITS »