« 言葉のキャッチボールのおもしろさ~「たったひとつの恋」最終回~(記事を少し修正、追記しました) | Main | 新年のごあいさつ »

「たそがれ清兵衛」

 実は「武士の一分」を観にいこうかどうか迷っている。先日の金曜ロードショーで観た「たそがれ清兵衛」があまりによくできた映画だったので、(私にとってはかなり高い)キムタクのハードルのことなど考えずに、観にいってもいいかななどと思い出したのだ。放送のほうは、すっかり忘れていて、最初の1時間位は見落としてしまったのですが、後半だけでも、充分に映画のよさは伝わってきた。食わず嫌いの私にも、やっと藤沢周平作品と山田洋次監督のこのシリーズのよさがわかった。それがこの作品だけなのか、それとも他の二作もよいのかも知りたい気もある。

 原作は読んでいないので、映画についてちょっとだけ。
 まず、主演の真田広之の武士になりきった演技には感服した。動き、所作、着物の着こなし、殺陣、どれをとっても違和感を感じなかった。それは、宮沢りえも同じ。ふたりとも、以前は、そんなに好きな俳優ではなかったし、宮沢りえの演技は、セリフ回しなどに舌足らずな弱々しさを感じて物足らない気がしていたのだが・・・。真田広之は端正すぎるかもしれないが、理不尽な藩命にNOと言えない下級武士の悲哀は出ていたし、朋江にプロポーズする場面では、このひとこんなに演技がうまかったっけと、いや、うまかったじゃない、(それは宮沢りえも同じで、決してうまいという演技ではないと思う)感情の出し方が、武士と武家の女性らしく抑制はされているが、充分にこちらに伝わる演技だった。そして、今も昔もの、清兵衛の周囲の役人の性質もよく描かれていたと思う。

 
   「”たそがれ殿”は帰られた・・・」


  (最初の部分を観てない私は、同僚のこの言葉ではじめて”たそがれ”にこめられたニュアンスに気付いたのですが・・・)


 いろんな面で隅々まで行き届いた映画で、(それは観終わったあとの次回予告のオダギリジョーと仲間由紀恵の演技がとてーも軽く見えるほどだったのだが、)私にとって、キムタクのハードルを越えてまで新作を観にいくべきかどうかは、まだふんぎりがついてないが。

 この映画の真田広之の殺陣は、リアルではあったが、三船敏郎と同じくらい品があったと思う。

|

« 言葉のキャッチボールのおもしろさ~「たったひとつの恋」最終回~(記事を少し修正、追記しました) | Main | 新年のごあいさつ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66021/13191404

Listed below are links to weblogs that reference 「たそがれ清兵衛」:

« 言葉のキャッチボールのおもしろさ~「たったひとつの恋」最終回~(記事を少し修正、追記しました) | Main | 新年のごあいさつ »