« November 2006 | Main | January 2007 »

「たそがれ清兵衛」

 実は「武士の一分」を観にいこうかどうか迷っている。先日の金曜ロードショーで観た「たそがれ清兵衛」があまりによくできた映画だったので、(私にとってはかなり高い)キムタクのハードルのことなど考えずに、観にいってもいいかななどと思い出したのだ。放送のほうは、すっかり忘れていて、最初の1時間位は見落としてしまったのですが、後半だけでも、充分に映画のよさは伝わってきた。食わず嫌いの私にも、やっと藤沢周平作品と山田洋次監督のこのシリーズのよさがわかった。それがこの作品だけなのか、それとも他の二作もよいのかも知りたい気もある。

 原作は読んでいないので、映画についてちょっとだけ。
 まず、主演の真田広之の武士になりきった演技には感服した。動き、所作、着物の着こなし、殺陣、どれをとっても違和感を感じなかった。それは、宮沢りえも同じ。ふたりとも、以前は、そんなに好きな俳優ではなかったし、宮沢りえの演技は、セリフ回しなどに舌足らずな弱々しさを感じて物足らない気がしていたのだが・・・。真田広之は端正すぎるかもしれないが、理不尽な藩命にNOと言えない下級武士の悲哀は出ていたし、朋江にプロポーズする場面では、このひとこんなに演技がうまかったっけと、いや、うまかったじゃない、(それは宮沢りえも同じで、決してうまいという演技ではないと思う)感情の出し方が、武士と武家の女性らしく抑制はされているが、充分にこちらに伝わる演技だった。そして、今も昔もの、清兵衛の周囲の役人の性質もよく描かれていたと思う。

 
   「”たそがれ殿”は帰られた・・・」


  (最初の部分を観てない私は、同僚のこの言葉ではじめて”たそがれ”にこめられたニュアンスに気付いたのですが・・・)


 いろんな面で隅々まで行き届いた映画で、(それは観終わったあとの次回予告のオダギリジョーと仲間由紀恵の演技がとてーも軽く見えるほどだったのだが、)私にとって、キムタクのハードルを越えてまで新作を観にいくべきかどうかは、まだふんぎりがついてないが。

 この映画の真田広之の殺陣は、リアルではあったが、三船敏郎と同じくらい品があったと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

言葉のキャッチボールのおもしろさ~「たったひとつの恋」最終回~(記事を少し修正、追記しました)

 ほのぼのとした最終回で、(障害は自分たちのほうから退場していったし)、最後に、ヒロトやナオの笑顔も見れたし、今回の最大の障害とも言えるヒロトの素直になれないこころも、アユタ、コウ、ユウコちゃんに背中を押されて、やっと解放されたし。このように悪人のいない物語というのも、いいのではないかと思います。要兄さんも、ナオの成長を感じてか、妹思いの兄のいい味をさりげなく出していたしね。アンコウ噺のボケぶりとか、(あれは純粋なボケなのか、あの縁談にあまり乗り気のない深層心理の表現だったのかが、いまひとつわかりませんが。)


 めでたし、めでたしと言うわけですが、このドラマのおもしろさの真骨頂とも言える言葉のやりとりのおもしろさを、ナオとヒロトの”掛け合い漫才”、もとい、言葉のキャッチボールのような会話や、アユタ、コウ、ユウコちゃんの最終話でのやりとりから少し紹介したいと思います。

 まず、冒頭の工場のシーンでの、

    ナオ  「 好きだった 」

    ヒロト  「 知ってる  」  (この切り返しはヒロトならでは!ナオのヒロトへの溢れ出るような思いを受けとめつつの冷静なレシーブで、相手の熱をちょっと冷ますような返しは見事だと思う。この時点でもう「一生やってろ!」と思いましたがね。 この返しができるのはヒロトだけだよ!ナオと。)                  

     
次に、月丘家のリビングに5人が集まった時の、

    ナオ  「 行くな、とか言わないの? 」

    ヒロト  「 行けば 」 ( には、かなり笑った・・・。まるで”痴話ゲンカ”のような会話ーこのドラマに似合わない言葉ですがーまあ、9話のヒロトの受けたショックを考えれば、3年目の真相も4年目のナオの行動も知らなかったわけだし、これぐらい拗ねるのは仕方ないでしょう。相手がナオだからこそだとも思うし。巻き込まれた3人にはちょっと気の毒でしたが。)    


  そして、最後の、ヒロトがナオのバスを追いかけて、「ようっ 」と言いながら3人の横を走り過ぎた場面での、

    「 ヒロト?」

    「 ヒロトだ!」
   
    「 行こう! 」

    「 行こっ 」

   も、なんかおかしかった。

  そして、最後のプロポーズの場面でも、
 
  ヒロト 「 そいで 、
  
        そいで、いっしょになるから 」

  ナオ  「 ウンっ!!」

  ヒロト 「 ウンって、返事早エよ!
       
       一応プロポーズなんだからさ 」  (このふたりのラブラブシーンを見せられている3人のあきれたような、まぶしいような安心したような表情もよかった。)
   

    なんてところですかね。明日は、朝早いので、今日のところはこの辺りでおやすみなさい。


 追記:9話のラストでナオがヒロトの工場に走り出したところで、(心のなかの残り火の炎が燃え始めたところで、)もう約束されていた結末でしたが、こうもうまくいくのはやはりドラマだからでしょうね。他に考えられる物語としては、一旦ナオは斉藤と結婚してしまって、斉藤が浮気、何年後かに再会、結局くっつく、とかも考えられるでしょうか。そして、ドラマを観ていたひとの中で、3年目のイブにオレンジのイガイガがふられなかった理由を知りたがっていたひとが多かったので、その真実がふたりを結びつける重要なポイントとなった結末に満足したひとも多かったのではと思います。ふたりの会話を楽しんでいた私としては、この愛らしいカップルの会話をもう聞けないのが残念ですけどね。
 最終回の話を友人としていたら、もうすぐ50になる男性が、実は、自分も観ていた、とその話に入ってきて、びっくりしました。(昔の自分の経験を思い出したそーです。)「 いいよねえー」と、かなり話が盛り上がりました。このドラマ、中年がはまる、オトナが楽しめる、”オトナだからわかる”よさもあったのかなあと思ったりしました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

はたちの恋、23歳の現実~「たったひとつの恋」第9話~(追記『今週の言葉』あり)

 1話の中で3年後に飛ぶというドラマの時間の流れに付いて行けなかった。いくら女のほうが現実的で、切り替えが早くて、男の方が気持ちを引きずると言っても、観ているほうもまた、あの切ない冒頭の別れから、男のように気持ちの整理がつかないうちに、物語がとっとと進んでしまって、ナオ、それはないだろー、池内かよー(現実的すぎる~!)、早くも結婚かよーと、8話までの、お伽噺のようにドラマチックな展開から、一気に23歳の現実には飛べないよ~って感じですかねー。何事も無かったような(弘人など存在しなかったような)平和な月丘家のリビングの会話さえ腹立たしいし・・・。もう、ベタな展開でもいですから北川さん、勘弁してください、と呟く私。

 今回、よかったのは、アユタです。ヒロトへの友情を思い出して、理性を取り戻したところとか、ナオと別れたことを知って激怒して、ヒロトとケンカするところは、よかった。やっぱり、いいやつだった。

 それにしても、ああいう場合、ふつうのはたちなら、一時的にでも、感情のままに逃避行するだろー、とは思う。そうしない、それができないヒロトが、ヒロトの背負っている重荷が切ない。そのヒロトの気持ちがわかるだけに切ない。悲しい。

 まあ、でも3年の歳月が、彼の重荷を降ろしてくれたようだし、最終話では、23歳らしく自分の感情を解放させてくれることを祈りつつ、1週間待ちましょうか。

 ナオが結婚するかもしれないことを知って、酔いつぶれたヒロトが可愛かった。ちょっと、気持ちを解放させられるようになったのかなと。


追記: 『今週の言葉』

ヒロトとナオが別れたことを知ってヒロトに激怒した アユタの一連の言葉、

  「 なんで? なんで別れたんだよ?
   なんで、あきらめたんだよ? 」

  「 お前は、そうやって自分を追い詰めるなよ!
   自分ばっかオトナぶりやがって・・・」

  「 そんなんじゃなかったじゃねえかよ、
こどものころは、そんなんじゃなかったなかったじゃねえかよ!」
  
  「もっと自分に自信持てよ!
   自分の人生、生きろよ!
   犠牲になるなよ!
   頼むよ!」

こちらの気持ちを代弁してくれるようなアユタの熱い言葉に、淡々と返事するヒロト、
  そして、「お前、ナオのこと好きだったんじゃないの?」 の
  ヒロトの言葉に切れたアユタの帰りかけるヒロトの背中への飛び蹴り、ふたりの殴り合い  

  このシーンはよかった。アユタ最高だよ!!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

現実逃避的ドラマの感想~「たったひとつの恋」第8話~(追記あり)

 ドラマが最終回に近づくにつれて、結末が予想されるためなのか、あるいは、回数内で終わらせるための尻切れトンボ的な展開になってしまうドラマが多いので、「たったひとつの恋」も、第8話は、6・7話のようなふたりのシーンの多い童話的展開に比べて、現実的なエピソードが増えて、こちらに、最終話に向けての物語の展開に不安を感じさせる内容でしたね。今回は、冒頭のふたりのシーンと、弟のレン君との「くじら」のシーンのみ癒されたというか、あとはもうね、父親の仕組んだナオのお見合いとか、アユタがナオを思わず抱きしめるところとか、「それは見たくないよ~!!」という展開で、物語がいまどん底なのか、この状態で1週間は長いなあ、というお話でしたね。

  今日のラストと来週の予告から予想すると、苦労人ヒロトは地に足の付いた選択をするのかな?う~ん・・・。予告、途中からいきなり3年後でしたからね。

 いろいろと、気になることがありながら、このドラマにはまっている私は、今起こっているイヤなことから目をそらせたい=現実逃避なのかもね。

 でも、最初はありがちな若者の恋愛物かなと思っていたこのドラマを、私がずっと見続けている理由は、主演ふたりの演技のほかに、いまの日本の現実―「格差」の問題を、ラブストーリーでどう表現するのかを見たいからかもしれない。

   追記:ふたりの朝のシーンでのナオの

     「えっ、横位置なの?」 、は受けました。


 追記: 『今週のひと言』   (と言っても、こんなの書くのは初めてですが・・・)、
     
    ナオが家を出るときに母親に言う言葉、

   「 私の人生はわたしのものだわ、私の病気もわたしのものだし・・・ 」

  そして、 その後の、要兄さんとのやりとり、

   兄 「お母さんの涙、捨てて行くのか?」

   に対してのナオの

   「 そうよっ 」の言い方と表情は、迫力あった。

  上の、「私の人生は・・・・」の言葉で、
  清水真砂子さんが紹介していた
 
   「私にも傷つく権利があるということだ」

  というローズマリー・サトクリフ(子どものころの病気がもとで一生車椅子の生活を送った作家)の言葉を思い出した。


 「傷つく権利」「過ちを犯す権利」「権利と言って主張しなければならないほどの時期に私たちはたち至っている」

         (「幸福の書き方」清水真砂子/著 220頁より)


 ※gooブログのほうに、ひさびさにサッカーについて岩本輝「 まだ死んでない 」を書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2006 | Main | January 2007 »