« シンプルな絵本~「あおくんときいろちゃん」「ペツェッティーノ」 | Main | 読書の効用~みうらじゅんの言葉 »

~長新太さんのことつれづれ~

 長新太さんの訃報を聞いてから、長さんの絵本や著作などをあらためて見直したりしてみて感じたことをつれづれに書いてみようと思う。

 2002年11月21日発行の「別冊太陽 絵本の作家たちⅠ」のインタビューより、少し引用してみます。

 「ナンセンスだからといって、ひとりよがりじゃいけない」と言った後、絵本の表現の普遍性について聞かれて、

 ここより落ちると非常に安っぽくなっちゃうし、逆に上へ行くとひとりよがりになる、そういう非常に細い境界みたいなのがあって。そのへんで、ぎりぎりやってるのがいいんじゃないかしらね。

 表現の課程での変化についての質問に対して

 一番はじめ考える時は、当然これは通過しないだろうっていう、かなり過激なことを考えます。たとえば原石というのがあって、それをだんだん研磨して宝石にすることを考えると、初めの原石がものすごくいいものじゃないといけないということがあって。その原石にあたるのが非常に過激なものであって、それをだんだんけずってく段階で、さっき言った普遍性みたいなものがちゃんと出てきて、それで収まるんですけどね。初めっからある程度の宝石の形になってるものから始めると、かなりゆるいものができちゃうって感じがある。ただ、ほんとの宝石になるちょっと前の段階で出したいと思うこともある。でもそれは自費出版ならいいけど、プロとしやる場合はちょっとよくないんじゃないかなあ、と思ったりしますけど。       
                              
                         (「別冊太陽 絵本の作家たちⅠ」 長新太インタビューより)

 この辺り、長新太さんの創作のスタンスが、かなりよくわかる発言だと思う。創作における「非常に細い境界」への人一倍のこだわりをその作品の全てから受ける。そして、「ほんとの宝石になるちょっと前の段階で出したいと思うこともある。」という発言も、彼の作品から受ける”引き算の魅力”に通じる発言だと思う。長新太さんの影響を受けた作家は多いと思うが、長新太さんのようにその表現から過激さと同時にストイックさと洒脱さとでもいったものを感じさせる人は余りいない。それはこれらの発言に垣間見られる彼の表現や絵への拘りによるものだという気がする。そこから、あの過激だけれどどこか観る者に静謐ささえ感じさせる絵が生まれていたのだと思う。そのようなストイックさ、ダンディズムとでも呼びたいような姿勢は、若い世代からはなかなか感じられない資質だ。 
 
 ところで、長新太さんの作品によく登場するもののひとつにヘビがあるが、そんなヘビの出てくる作品のなかでも、「かえるのひこうせん」のヘビは私にとって一番インパクトが強い。なんかこのヘビは性質の悪さ加減が際だっている。そしてヘビ自身はその自分の性質の悪さに気付いていないというところが余計に始末に終えない。この作品は、たぶん本人の経験が反映されているような感じで、長新太さんの作品中では比較的分かりやすい部類に入ると思うが、そんな非常に困った性質のひと(ヘビ)を描いてもユーモアを持って描くところが彼の真骨頂だと思う。そしてそのヘビに泣かされるかえるくんには本当に同情せずにはいられなくなる。

 次は、”マンガどうわ”と題された「なんじゃもんじゃ博士」(ハラハラ編、ドキドキ編)について。(福音館書店の雑誌「母の友」に1985年の4月号から2002年12月号まで掲載された作品を二冊にまとめたものです。)なんじゃもんじゃ博士と博士の分身のようなゾウアザラシの奇想天外な冒険の旅の物語が2ページずつ完結の”マンガどうわ”になって、これぞ長新太ワールドと言うしかない世界です。私たちは、 「なんじゃこりゃー!」と言いながらただただそのふしぎな世界に遊べばいいだけなのです。その”ナンセンスロードムービー”とでも呼びたいような作品を読んでいるうちに、自然と癒されるような感じを受けるのは、あのかなりの拘りから生まれていた絵によるところが大きいと思います。

 一体、あのような長さんの表現の資質はどこから生まれたものだろうか。徹底したナンセンスへの拘りと、あの詩情あふれるユーモアは。
 私は、その拘りは上記に引用したインタビューの最初で語られている戦争の体験から生まれてきたもののように思う。戦争という、愚かさ、悲惨さ、無意味さの過剰を知っているからこそ、あの表現における「非常に細い境界」をはずれないバランス感覚や、生涯を通してのナンセンスへの拘りが生まれたのではないだろうか。過激さと静謐さ、繊細さが同居している不思議な絵を見ているとそんなことを考えさせられる。

 

かえるのひこうせん
長 新太 / 長 新太さく / 長 新太さく
佼成出版社 (1979.3)
通常2??3日以内に発送します。

 
なんじゃもんじゃ博士 全2巻

福音館書店 (N/A)
この本は現在お取り扱いできません。

|

« シンプルな絵本~「あおくんときいろちゃん」「ペツェッティーノ」 | Main | 読書の効用~みうらじゅんの言葉 »

「絵本」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。トラックバックありがとうございました。
「非常に細い境界」という長新太さんの発言は興味深いですね。一見そうではないようでいて、じつはアートに一番近い作家だったと思います。「万物にアートは宿る」といったところでしょうか。
こちらからもトラックバックさせていただきました。また寄らせてもらいます。

Posted by: 海 五郎 | July 12, 2005 at 07:14 AM

コメント、トラックバックありがとうございました。そちらのブログにもコメントさせてもらいました。このブログは手広く書いてますが、一番思い入れの強い絵本の記事への反応が薄いので、コメント頂けてうれしいです。貴ブログにも時々寄らせてもらいます。

Posted by: azami | July 12, 2005 at 04:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66021/4902988

Listed below are links to weblogs that reference ~長新太さんのことつれづれ~:

» 追悼 長新太 [わくわく本]
くもの日記ちょう 長 新太/作  ビリケン出版  6月25日、日本を代表する絵本作家の長新太さんが亡くなられました。享年77歳。  インターネットで検索をしてみると、自分で絵と文を書かれた絵本、他の作家の文に絵を描かれた絵本、さらに童話に至るまでその豊富な創作量に驚かされます。絵本好きのぼくたちにとって長新太さんはあまりにも身近な存在だったのですね。亡くなられてあらためてその存在の大きさに気づき、胸にポッカリと大きな穴ができてしまったような気分になられた方は多いことでしょう。心からご冥... [Read More]

Tracked on July 12, 2005 at 06:58 AM

» 追悼・長新太さん [月乃春水 ツキノ・ハルミ 本のこと あれこれ]
長新太さんの訃報を知り、昨日の夜はなかなか寝付けずにこの本を読みました。 著者: 小野 明, 長 新太 タイトル: 絵本の作家たち (1) 朝になって、最近じぃちゃんばぁちゃんと一緒に寝ている長男が1階から2階へやって来て、 「おかあさん、TVのニュースで言... [Read More]

Tracked on August 16, 2005 at 05:47 AM

« シンプルな絵本~「あおくんときいろちゃん」「ペツェッティーノ」 | Main | 読書の効用~みうらじゅんの言葉 »