« ペイントギャラリー~星と星の協力~ | Main | 日本代表ドイツWカップ出場決定おめでとう! »

ちいさい頃によく読んだ絵本~ベストスリー

 子どもがちいさい頃によく読んだ本を紹介しようと思う。

 我が家は、男の子二人ですが、性格がかなり違うので、好みの絵本もかなり違っていて、上の子は「おばけもの」が好きで、「ねないこだれだ」のおばけに始まり、せなけいこの「おばけえほんシリーズ」などを好んで選んでいた。下の方は、乗り物系の絵本が好きで、歯医者さんに置いてあったロイス・レンスキーの「ちいさいきかんしゃ」という絵本を治療に行くたびに読まされたのを覚えている。

 今回は、ふたりともに人気のあった絵本を三冊紹介することにします。
 まず、誰でもご存知と思います超有名ベストセラー絵本ですが、エリック=カールの「はらぺこあおむし」(偕成社)です。これは二人とも夢中になりました。絵本のぼろぼろ具合が読んだ回数の多さを物語っています。子どもたちの大好きな食べ物の話ですし、何よりも、最後にさなぎからちょうちょになるところで、子どもたちの顔がぱっと輝いて、読み終わると必ず「もう一回」と何度も何度も読まされたのを覚えています。そして、子どもって、絵本に食べ物が出てくると、必ず食べる真似をすると思うのですが、この絵本でも、どようびに、あおむしは見開きページいっぱいに描かれた食べ物を全部食べておなかがいたくなるのですが、子どもたちも、その食べ物のページが大好きで、毎回そこに描かれた食べ物を全部食べる真似をしていたのを思い出します。絵本は次のページで、みどりのはっぱをたべてあおむしのおなかのぐあいがなおるというストーリーになっているのですが、ヘンゼルとグレーテルがお菓子の家にあこがれるように、さなぎから蝶になるところと同じくらいに、食べ物のページを目を輝かせて見ていたのを思い出します。

 次は、もう少し長い文章の絵本、ウクライナ民話の「てぶくろ」(福音館書店)です。これもかなり、読んだ痕跡が残っています。おじいさんがもりにおとしたてぶくろに、ねずみ、かえる、うさぎ、きつね、おおかみ、いのしし、くままでがつぎつぎとやってきて暮らしだすという、気難しいひとが聞いたら、うさぎは許すとして、きつねからは論理的に無理だろうと文句を言われそうな話なのですが、同じやりとりが繰り返されるリフレインの醸し出す面白さを子どもたちも楽しんでいたようです。あとから来た動物のキャラクターに合わせて、同じことを訪ねるのにも言い方を変えていたり(読んでいるほうも楽しいです)、中に住んでいると答えるメンバーが一匹ずつ増えていったりというのが思いのほか子どもたちには楽しいようです。あなたは、いのししのところで、初めて、中にいるメンバーに「(いのししがてぶくろにはいるのは)ちょっと むりじゃないですか」と言わせているのはちょっと無理があると言いたいですか?

 三冊目は、これもご存知だと思いますが、北欧民話「三びきのやぎのがらがらどん」(福音館書店)です。そういえば、これも、ちいさいやぎと、ちゅうくらいのやぎと、おおきいやぎが、順番に、はしをわたろうとして、それぞれのトロルとのやりとりが、三回繰り返されますね。それぞれのやぎによって、はしのなるおとや、しゃべるこえが変えられています。はしのなるおとは、ちいさいやぎ→かた こと かた こと、ちゅうくらいのやぎ→がた ごと がた ごと、おおきいやぎ→がたん、ごとん、がたん、ごとんというふうに。そして、この絵本のクライマックスは、はしをうならせるがたん、ごとんというおとからすでにみんなに期待感を抱かせる、おおきいやぎの登場シーンです。 「おれだ!おおきいやぎのがらがらどんだ!」というがらがらごえとともに登場するおおきいやぎ―このシーンの絵は、おおきいやぎの頭部だけが見開きいっぱいにその力強いつのを強調するように描かれており、(読むほうも思わず力が入るところですが、)子どもたちも、おおきいやぎの力強さ、かっこよさに、何度読んでもどっと沸きます。その後、おおきいやぎにこっぱみじんにされて、かわへつきおとされるトロルはちょっとかわいそうな気もしますが・・。
 
 この絵本、このおおきいやぎの英雄的ともいえるような力強さに男の子があこがれるのはわかりますが、女の子にもなかなか人気があるみたいなのですが、一方、読んでいるお母さん方は、どうでしょうか。子どもたちの圧倒的な支持に比べて、お母さん方は、「絵がかわいくない」とか「どこがおもしろいのかわからない」とかの感想を持つ方が結構多いようです。お母さん方の「かわいい」という基準でのみ選ばれた、ふわふわ綿菓子か、ぺろぺろキャンディーのような絵本しか与えられずにいると、絵本の面白さを本能的に感じ取ることのできる子どもたちは、絵本の世界の豊かな広がりを与えられないまま、本物の面白さを知ることもなく絵本から興味を失ってしまうことになるのではないかという危惧を覚えます。ずっと、読み継がれたきた絵本には、読み継がれるだけの価値と理由がある。自身の狭い価値観に縛られて絵本が選ばれることによって、絵本の優秀な読み手である子どもたちが絵本から遠ざけられているのではないかと思います。ただ、「かわいくない」という理由のみで。(このことについては、もう一回、項を改めて、書いてみたいと思います。)

はらぺこあおむし
森 比左志 / Carle Eric
てぶくろ
内田 莉莎子 / Rachёv Evgienii Mikha〓〓lovich
三びきのやぎのがらがらどん
瀬田 貞二 / Brown Marcia

|

« ペイントギャラリー~星と星の協力~ | Main | 日本代表ドイツWカップ出場決定おめでとう! »

「絵本」カテゴリの記事

Comments

3冊とも私と子供のお気に入りでした。とくに、「可愛くない」ガラガラドンは、パペットを作って子供と遊んだりもしましたし、アオムシと蝶のヌイグルミも作って遊びましたっけ。もうひとつ緑の毛糸みたいなアオムシを、絵本の穴に行ったりきたりさせて・・・ずいぶんと色々楽しみました。
ところで、「森ひさし」という共通項だけでTBをいたしました。読んでいただけたら嬉しいです。

Posted by: rolferK | October 02, 2005 10:41 PM

rolferkさん、またまた昔の記事の発掘ありがとうございます。がらがらどんのパペットは子どもは大喜びしそうですね。そう言えば、図書館にがらがらどんの積み木セットがあって、下の子が図書館に行った時に、その積み木でがらがらどんごっこをして遊んでいたのを思い出しました。毛糸のアオムシというのは私でもできそうですが、蝶のヌイグルミは作るのがむずかしそうですね。

Posted by: azami | October 03, 2005 12:33 AM

がらがらどんの積み木セット!!!どんなでしょう・・・。あのトロルのいる橋は・?想像だけでも大きくふくらみます。
そういえば、近所の電気やさんから、冷蔵庫やらテレビのダンボールをいただいては、部屋のなかに子供の舞台装置?をつくって遊びましたね。それと、大きな積み木。ほら、幼稚園にあるような、30センチ角くらいの木の箱みたいな・・です。
一番リクエストが多かったのは、「毛布の宇宙ブランコ?」。主人と二人がかりで、子供の入った毛布をグルングルン・・・子供が重くなってすぐにクローズしました。

Posted by: rolferK | October 03, 2005 01:00 PM

rolferkさん再度のコメントありがとうございます。豊かな遊びの中での子育ての様子が浮かんできてすごいなあと感心したり、我が身を反省したりです。
「がらがらどんの積み木セット」については、子どもが遊んでいる間、私は本を選んだりしていたので仔細には見てないのですが、多分、やぎたちとトロルをくりぬいた残りが橋になっていたような気がします。
橋の上をやぎが通るとかたこと音がして雰囲気が出てました。がたんと大きな音がするのはトロルが川に落ちた時でしたね。

Posted by: azami | October 04, 2005 11:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ちいさい頃によく読んだ絵本~ベストスリー:

» ぼろぼろになった絵本 [地球市民になれるかしら?blog]
戦闘が長く続いていたカンボジアでは、 子どもたちに絵本が足りないそうです。 地球市民村のアジアおはなしの家で カンボジアに送る絵本づくりに挑戦しました。 方法はカンタン、日本の絵本の日本語の上から クメール語に翻訳したシールを貼ります。 私も大好き...... [Read More]

Tracked on July 07, 2005 02:20 AM

» 絵本・「くまさぶろう」~なんでも盗むドロボウの話 [思いつくまま・・Rolfer日記]
子供のころから憧れていた「表現し、伝える世界」。 大学の頃は、自分の専攻をそっちのけに(専攻の皆様にはご迷惑をおかけして・・)、随分と あちこちのクラスに首をつっこんでは、楽しい時間を過ごしました。 その一つが児童学科の「児童文学・絵本」でした。 その講義の一つをもたれていたのが、エリック・カール作品の翻訳や、「ちいさな黄色いかさ」 「つきがみていたはなし」「やぎさんのひっこし」等で知られる「もり ひさし」先生でした。 初めてお会いしたのが3年生、次の4年生のときも単位そっちのけ... [Read More]

Tracked on October 02, 2005 10:42 PM

« ペイントギャラリー~星と星の協力~ | Main | 日本代表ドイツWカップ出場決定おめでとう! »