« 思い出しましたージョンのこと | Main | 「りすのナトキンのおはなし」~ピーター・ラビットの絵本10 »

絵本「チャーリー・ブラウンなぜなんだい?」~ライナスの勇気~

 スヌーピーの「ピーナッツ」シリーズの作者チャールズ・M・シュルツに、心理学用語にもなっている「ライナスの毛布」で有名な、あのライナスが主人公になっている絵本がある。
 副題にーともだちがおもい病気になったときーと付いているように、ライナスやチャーリー・ブラウンのクラスメートのジャニスが白血病になってしまうおはなしです。ジャニスの入院している病院へおみまいにいったチャーリー・ブラウンとライナスは、ジャニスからそのことを聞かされた病院からの帰り道、ライナスがチャーリー・ブラウンに「どうして、チャーリー・ブラウン、なぜなんだい?」と問いかけます。そのライナスの問いかけた言葉、「チャーリー・ブラウンなぜなんだい?」がこの絵本の題名となっています。
 この、シーンは、簡潔な表現ですが、とても適確にふたりの気持ちが表現されています。

 これまでの、まだみじかい人生のなかでも、ふたりにはいろいろなことがありました。しかし、こんな深刻なことに面とむかったのは、はじめてでした。

 という風にふたりの受けたショックが語られた後で、ライナスは
  
 「どうして、チャーリー・ブラウン、なぜなんだい?」
  
 とチャーリー・ブラウンに問いかけます。

 それに対して

 チャーリー・ブラウンはこたえませんでした。
 ライナスは、ゆっくりあるいていきました。

 という言葉が続きます。
 このシーンを読んで思ったことは、このふたり、”チャーリーとライナスはなんておとななんだろう”ということです。ライナスは、自分の問いにチャーリーが答えられないことはわかってます。わかっていながらもそう問わずにはいられないライナスの気持ち、それに対して、安直な言葉を返すことはせず、ただ黙っていたチャーリー、このふたりのやりとりからは、そんなふたりの誠実さがつたわってきます。そしてそれは、作者シュルツの誠実さなのだろうと思います。

 そして、この絵本でのライナスは、私たちに素晴らしい勇気を見せてくれます。お姉さんのルーシーのジャニスに対する意地悪な言葉に対して決然と言い返したりしてジャニスのことをかばい続けるライナスですが、退院したジャニスが化学療法で髪が抜けてしまって帽子をかぶって登校した時、ジャニスの帽子を取りあげてからかったいじめっ子にも決然とつめよります。

  「ジャニスは白血病なんだぞ、このばかやろう。がんなんだぞ。・・・・・・・・・・・・・・・・あの子は病気をなおすために化学療法をうけて、それでかみの毛がぬけちゃったんだぞ。それがうれしいのかよ。あの子とおなじめにあってみたいか、よくかんがえてみろ。いままで頭をつかってなにかかんがえたことなんか、ないんだろう」

 このライナスの言葉には何度読んでも泣かされます。あの”安心毛布を手放せない”ライナスの勇気に感動させられるのです。
 ジャニスの好きなぶらんこを小道具にした物語のラストもとっても爽やかです。

 
 ところで、我が家の次男坊のライナスの毛布はピンクの花柄のバスタオルです。もうぼろぼろにすりきれていて、それが花柄だったということはほとんどわからなくなっていまして、勿論洗濯機は使えません。それが無くても眠れるようになった時に、もういいだろうと思って隠しておいたんですが、つい最近また「あのピンクのタオルは?」と尋ねられて、私がてっきり捨てたと思ってぼろぼろ泣き出してしまったので、捨ててないよ~と言って出さざるをえませんでした。ふーっ、捨てなくて良かったという感じでした。
 そう言えば、もっとちいさかったころは、ともだちが遊びに来たときにそのタオルのことを、「ほら~、このピンクのタオル、あったかくてやわらかいよ~っ」と自慢そうに紹介してたのを思い出します。あなたのお子さん、あるいはあなたの「ライナスの毛布」は何ですか?
 
 あと、子ども(男の子特有でしょうか?)によく見られる行動をもうひとつあげると、NHKのアニメ「おじゃる丸」に出てくる男の子かずま君(漢字忘れた)が好きな「ただの石コレクション」があります。特別に変わった石やきれいな石ではなくて、ほんとうに道路工事で使われるようなただの石をうれしそうに拾ってくるのです。漫画になるくらいだから、かなりの子どもたちがやっていることだと思いますが・・・。最近は、減りましたが、まだ時々拾ってきます。

 絵本の話にもどりますと、この絵本のまえがきをポール・ニューマンが書いています。そして、白血病という重いテーマを、こういう風に軽やかに爽やかさも感じさせて表現できる作者のチャールズ・M・シュルツの力量には只々脱帽するのみです。
 
 

チャーリー・ブラウンなぜなんだい?
チャールズ・M・シュルツ作・細谷亮太訳

  ※マイホームページ日記ページに鈴木隆行~MY FAVORITE FOOTBALLER~アップ中
 ※サッカー専門ブログ「あざみ野荘つれづれgooブログ」はこちらからどうぞ

|

« 思い出しましたージョンのこと | Main | 「りすのナトキンのおはなし」~ピーター・ラビットの絵本10 »

「絵本」カテゴリの記事

Comments

うちの末子の「ライナスの毛布」は上の子が代々使った猫柄の赤ちゃん用タオルケットでした。端っこからだんだん痛んできて、繕う度に小さくなっていました。もう卒業して何年か経つけど、時に思い出して懐かしんでいます。この子もそうだけど、うちの年取った少年もいまだになんでもないものの収集癖があり、家の中は捨てられないもので一杯になっています。ああ、おとこって嫌い!だけれど、かわいい。

Posted by: marukomia | March 21, 2005 10:32 PM

キー・ポイントはにおいと肌触りでしょうか?

Posted by: azami | March 22, 2005 11:57 AM

初めまして。
「チャーリー・ブラウン なぜなんだい」と言う本はかなり昔に妹にプレゼントしたことがあります。

病気が治って思い切りブランコをこいで
帽子が飛び、髪が風になびくシーンは
何度読んでも涙を誘いました。

ところで、これはアニメ化された事は
ないのでしょうか?

Posted by: ダムダム人 | August 11, 2011 08:24 PM

ダムダム人さん
コメントありがとうございます。

すみません、ずいぶん前(2005年)の記事なので、コメントに気づくのが遅くなりました。

アニメ化については、すみません、わかりません。ただアニメ化いかんに関わらずこの絵本は素晴らしい、ですね。

Posted by: azami | August 20, 2011 01:13 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 絵本「チャーリー・ブラウンなぜなんだい?」~ライナスの勇気~:

« 思い出しましたージョンのこと | Main | 「りすのナトキンのおはなし」~ピーター・ラビットの絵本10 »