« アーノルド・ローベルの絵本 | Main | 思い出しましたージョンのこと »

「アイ・アム・サム」のビートルズ

 昨日の金曜ロードショーの映画 「アイ・アム・サム」 を観て感じたことをちょっとだけ書いてみたい。映画のストーリーについてではなく、主に、映画の全篇に挿入されていた、ビートルズの曲のことを中心に。
 
 まず、主人公のサムの子どもの名前の”ルーシー”というのが、ビートルズの曲 「ルーシー イン ザ スカイ ウイズ ダイアモンド 」から取ったものであるということ。
 この曲について、主人公サムの「この曲はドラッグについての曲なんかではなくて、ジョンが自分の子どもの描いた絵を見て作った曲なんだ。」というセリフがあった。
 また、ルーシーの靴を買いに行ったサムと彼の友だちが、帰り道、おまけにもらった風船を持って横断歩道をわたるところは、アルバム 「アビイ・ロード」のジャケット写真だった。
 
 ジョンが前衛的になったのはヨーコのせいじゃないんだ。  (正確なセリフを思い出せませんが。)
 
 とか、
 
 誰もジョージには曲が作れないと思っていたけれど、ジョージは「アビイ・ロード」で「ヒア カムズ ザ サン」という  素晴らしい曲を作った。

 とか、のセリフをサムに言わせていて、思わずくすっと笑ってしまった。「そうなんだよ」と頷きながら。
 
 (映画的には、サムがなんの脈絡もなく唐突にビートルズのことをしゃべるということによって、周りが当惑するという、サムの特異性の表現につかわれていたと思うが。)
 
 で、ビートルズの曲を聞いて思ったことは、今聞いても全然古びていないということだ。
 これが、ストーンズだったらどうだっただろう。きっと、かなり、時代を感じてしまったと思う。
 昔、「ビートルズはストーンズに比べて優等生的だからだめだ。」というちょっと上の世代の意見に、「ふーん、そうなんだ」とか思ってましたけれど、やっぱり、ビートルズと比べたらストーンズは「No2」だったですね。


マイ ホームページ「あざみ野荘でつかまえて」の日記ページに新記事、戸田和幸~MY FAVORITE FOOTBALLER~掲載中です。サッカー専門ブログ「あざみ野荘つれづれgooブログ」もよろしく!

 


|

« アーノルド・ローベルの絵本 | Main | 思い出しましたージョンのこと »

「映画」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

Comments

映画「アイ・アム・サム」で流れているビートルズの曲は全て若手アーティスト(ビートルズから見れば)がカヴァーしたものですが、サントラで曲だけ聴いても胸にジンときます。
特に、Nick Cave の Let It Be は最高!

Posted by: umiiro | March 06, 2005 at 05:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66021/3181477

Listed below are links to weblogs that reference 「アイ・アム・サム」のビートルズ:

» 脚本レビュー「I am sam アイ・アム・サム」 [独身社会人映画ファンメーリングリストHP掲示板]
「I am sam アイ・アム・サム」の監督のジェシー・ネルソンと言う人は舞台女優をやっていた人で、食えない役者時代のウエイトレス経験をもとに脚本を執筆したのが... [Read More]

Tracked on March 05, 2005 at 10:07 PM

« アーノルド・ローベルの絵本 | Main | 思い出しましたージョンのこと »