« December 2004 | Main | February 2005 »

ビートたけし~永遠の少年~

 前回の記事「お笑いにみる学力の低下」で、とりあげたビートたけしさんについて、今回は、私が彼に感じている違和感のようなものを、彼が制作、出演した映画を中心に考えてみたいと思う。
 今のお笑い界で、一番、頭が切れて、カリスマ性もあり、若者たちにもその発言がかなりの影響力を持っている存在であることに異論はない。しかし、私は彼が北野武として監督、主演した映画に、いまひとつ食指を動かされないのだ。だから、彼の映画作品を私は見ていない。作品を見ずに批評するのは反則だと思う。でもどうしても映画館に足が向かない、その理由について書いてみたいと思う。
 彼が自分の作品の過激な暴力表現について聞かれたときに、「私の映画の暴力は、ハリウッド映画などで描かれているような”痛くない暴力”ではなく、観客が見て”痛い”と感じるように描かれている。”切ったら血が出る”その痛さを描いている。」と言う意味のことを言っていたと思う。だから、観客が感じるその痛さが、暴力への抑止になるのだと。なるほどと、思わず納得したが、しかし、「待てよ」とも思う。観客が痛いと感じるには、観客のほうにそれを見て痛いと感じるだけの共通の感覚があることが前提となっていると思うけれど、最近の世相やニュース、事件などを見ていると、受け取る側に、彼が前提としている、そういう感性の共通の土壌がが無くなりつつあるんではないか、という気がしているからである。彼が期待するそういう表現の前提が崩れてきている気がするのだ。
 さらに、自分も含めて、みんな疲れていると思う。世界がすでに暴力に満ちているのに、さらに、フィクションの世界でまで見たくない、というところが正直な気持ちだ。そんな気力がない。
 それは、彼が最近主演した映画「血と骨」にも感じる。各映画賞を総なめにしている話題作で、在日を描いた力作というのはわかるが、女性として見る気がしない。映画でまで現実を再確認したくない、というところだろうか。 たぶん、こう書くと、女こどもに向けてつくってない、という彼の哄笑が聞こえてきそうだけれど。実際のところ、趣味の問題かもしれない。若くて何にでも好奇心があった時代の自分なら見たかもしれない。でも、自分の感覚のなかの何かが違うと言って拒否しているのだ。
 子どもに見せてはいけない文学や表現というものを否定するつもりはない。だが、子どもに接して、絵本の世界に触れるうちに、自分の表現に対しての考え方が変わってきたと思う。リアリズムでは表現しきれない豊かな世界があるということを感じている。ファンタジィというのだろうか、そういう分野は日本人の最も苦手なところらしいけれど。
 うまく、表現できないままに終わってしまいそうですが、私が、彼の表現で一番好きなのは、彼が自分の母や両親、生まれ育った下町を描いた「たけしくん、ハイ!」や「「菊次郎とさき」などの自伝的作品だ。私たちは、彼がどんなに反発しようとも、母親に対して抱いていた親愛の情を、それらの作品や、時々、彼が語る言葉によって知っている。彼の拠って立つところはやっぱりそこだという気がしている。貧しいけれども誇り高い下町の人々の世界。「教育によって貧乏を絶つ」という猛烈な教育ママの走りのような母親への反発が、今までの彼の原動力だったと思うが、これからはもっと、成熟したおとなの表現者となって欲しいと思う。(永遠の不良少年でい続けると言う声が聞こえてきそうだけれど。)
 彼の映画に対する不満は、そのまま日本映画に対する不満でもある。女性が描けてない。女性の視点がない。まあ、無理かもしれないなと思うが、私の映画離れは、ますます、進みそうだ。


 ※マイホームページの掲示板あざみ広場ものぞいてみてください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お笑いにみる学力の低下

 一応、教育というカテゴリーに設定していますが、そんな大上段な内容ではないので、気楽に読んでみてください。
 日本のお笑い界を代表する三人と言えば、ビートたけし、タモリ、明石家さんま。(異論のあるひともいると思うけれど、とりあえず、この三人にさせてもらいます。)三人の中で、一番若いのが、明石家さんまで昭和30年生まれ。で、何が言いたいかというと、私は「お笑いに必要なものは、常識だ」と常日頃思っているので、三人ともそういう点から見ると、安心して見ていられる。(この場合、あくまで、彼らは「常識がある」と言っているので、「常識的である」と言っているのではない。)つまり、固い言い方をすると、笑いというのは、大衆のもので、大衆に受けるためには、大衆の深層心理に通じていなければならない、ということで、それには、「常識がある」ということが、必須条件だからだ。柔らかく言えば、頭がよくなければ、(成績がいいということではなく)、お笑いをやってはいけないということになる。(あくまで、”プロ”の話です。)そういう点から、この三人を見ると、三人ともクリアーしていると思う。(勿論、それぞれの全てを肯定している訳ではないし、特に、その女性観に関しては、勘弁して欲しいと思うけれど、それは、今回のテーマではないので。)で、彼ら以降、彼らを、脅かすような新人があらわれたかというと、あらわれていない。若者の圧倒的支持を得ている、いろんなコンビにしても、「常識」というより、「非常識」を売り物にしている。「知っていながら知らない振りをしている」のではなく、元々、「知らない」ことを、売り物にしている。だから、身辺雑記や、芸能界のあれこれについて、しゃべるしかネタがない。どうして、こういうことになってしまったのだろうか。それは、学校だけでなく、社会全体の教育力が低下したためだと思う。つまり、どこかに「知の断層」があるように思われる。「知らない」ということが恥ではない社会というべきか。 因みに、三人のなかで、一番、常識人であると思うのは、ビートたけし。彼の場合、常識人である自分への照れから、お笑いというかくれ蓑をまとっているという感じだ。そして、時々、我慢できなくなって 、ぼそっと鋭い言葉を吐いてしまう。(彼に関しては、別の機会に取り上げてみたい。功罪あると思うので。)ビートたけしが、今まで残って来たのは、どんなに、非常識を演じようと、その後ろに、常識人の彼が見えるからで、他のふたりにもそれは言えることだと思う。だから、社会の教育力の低下で、常識の無さを売り物にする芸人は増える一方だが、当分、彼らを脅かすような芸人は出て来ないと思う。


※マイホームページ日記ページに新記事(中田英寿~MY FAVORITE FOOTBALLER~)アップしました!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

長谷川集平の絵本~MEET THE SHUHEI~

 去年、絵本の店で、「はせがわくんきらいや」(ブッキング)を見つけた時は、「わー、久し振りー!」といった感じで、懐かしくなって、「いま手に入れておかないとすぐに手に入らなくなる!」と思って、焦って買った。その後、以前、「復刊ドットコム」の記事にも書いたように、絶版、復刊を繰り返して、絶版状態にあったこの絵本が、読者の復刊リクエスト投票によって、’03年に復刊されたことを知った。(その後、「とんぼとりの日々」「パイルドライバー」などの著作も同投票で復刊されている。)
 「はせがわくんきらいや」は、’76年に発表された彼のデヴュー作で、当時、絵本の世界に殆ど興味の無かった私が記憶しているくらいだから、「森永ヒ素ミルク事件」が取り扱われていることもあって、絵本としては珍しく、新聞や一般誌、テレビなどでも紹介された話題作だった。そういった紹介記事を、たぶん私も読んでいると思うが、今となっては、その内容を思い出せない。たぶん、企業犯罪を告発する社会派の絵本といった紹介のされかただったと思う。
 昭和30年、姫路市に生まれた長谷川集平は、当時、西日本を中心に大問題になった、森永乳業のヒ素の混入されたミルクを飲んでしまう。この絵本は、その自身の体験や、自分の周囲の被害にあった子どもたちのことを思い出しながら書かれたもので、この作品制作のベースには、事件を起こした企業への怒りがあると思うけれど、この絵本が、今日まで支持され続けているのは、怒りが、生な形で提示されているのではなく、見事に絵本という作品に昇華されているからだと思う。そして、それを、自分とほぼ同世代の青年が書いたということも驚きだった。
 今回、読んでみて、作者の感性と技倆に感心し、改めて、その早熟な才能に驚いた。そして、重いテーマも含まれているのに、子どもの反応も悪くない。
 
 物語は、赤ちゃんのときに、ヒ素のはいったミルクを飲んで、なにをやってもうまくいかず、めちゃくちゃで、じぶんたちにめいわくばかりかけてしまう、はせがわくんのことが、子どもの目を通して描かれています。子どもの言葉は率直です。表題が「はせがわくんきらいや」ですから、文中にも何度も「はせがわくんきらいや」が出てきます。でも、あたたかいんです。「きらいや」、「しんどうてかなわんわ」という言葉の行間から、ぼくの、はせがわくんに寄せる思いやりの気持ちが滲んで来ます。おとなたちの、言葉で「かわいそう」と言いながら、こころのなかで、そういう存在を差別し、排除したりする態度とは違います。だから、余計に「きらいや」という言葉が、私たちに「どうして?」という問いかけとして響いてくる。そして、そのベースにある怒りが、私たちに届いてくる。
 まだ、読まれてないかたは、是非、読んでみてください。

 次に、我が家で大ブレイク中の長谷川集平絵本を、あと三冊紹介します。
 一冊目は、「とんぼとり」です。
(この絵本は現在絶版となっています。読まれたいかたは是非復刊リクエストに投票してください。)
 ’77年に発表された「とんぼとりの日々」の作者自身によるリメイク版です(’94年初版発行)。両方読みましたが、リメイク版のほうが、画面展開がダイナミックで、子どもの反応も良かったです。とんぼとりのしかけを器用に作る、九州からの転校生がすごい存在感です。方言が効いていて、読んでいて楽しいです。ここに描かれている、生き生きとした少年たちの日常の遊びの世界からは、「こんなことしたした。」という、お父さんたちの声が聞こえて来そうです。
 
 次は「パイルドライバー」(ブッキング)。これも、絵本を余り読まない次男が、夢中になりました。格闘技にくわしくないお母さんがたのために説明すると、「パイルドライバー」というのはプロレス技のひとつです。(かなり危険な技です。)臆病な母親としては、こんなに受けて大丈夫か、と心配になり、「これは絵本だからね。」とついつい注意してしまうのですが、こういうのは、やっぱり、男の子の血がさわぐんでしょうか?
 好きな女の子についついいじわるしてしまう男の子が、ある日、その女の子にプロレス技をかけられて・・・・。
 これも、お父さん必見だと思います。

最後は、「トリゴラス」(文研出版)。怪獣好きには必見です。 これも、大人気です。(子どもたちには、ヒーローものとか、怪獣映画で見慣れた世界なので、とっつきやすいんだと思います。)
 解説に、「少年の鬱屈した凶暴にして性的な想像力が描かれている。」(草森紳一)と書かれている問題作(?)です、が笑えます。
 そういうテーマも、大胆にも、さっと、絵本にしてしまうところは、すごい才能だと思います。内面のそういう凶暴な力を持て余している、青年期の人たちが読んでもいけるんじゃないでしょうか。そして、そういう自己も含めて、笑い飛ばせばいいと思う。笑うことによって、自己を客観視できるし、少なくとも、内面の凶暴な力に飲み込まれ、その奴隷となってしまうようなことはなくなると思う。

 ここまで、書いてきて、長谷川集平というひとは、ほんとに”少年を描かせたら日本一だ”という気がしてきます。そして、これらの絵本を、多くのお父さんたちに読んでもらいたいと思います。


 bk1書店長谷川集平のページへ

 長谷川集平のホームページ、SHUHEI’S GARAGEへ(おもちゃ箱のような面白さです。)

追:My Homepage「あざみ野荘でつかまえて」の日記ページの記事を更新しました。(ヨハン・クライフやオランダのサッカーについてです。)興味のあるかたは、見てみてください。掲示板「あざみ広場」のほうも絵本紹介や、サッカーについての投稿が載ってます。そちらも、よかったら、御覧になってください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

絵本「おっと合点承知之助」~日本人のDNA~

 お正月ということで、元気の出る絵本を紹介します。かなり、話題になったので、ご存知のかたも多いと思いますが、あの「声に出して読みたい日本語」の著者、齋藤孝さんの絵本「おっと合点承知之助」(文・齋藤孝/絵・つちだのぶこ)(ほるぷ出版)です。この絵本の題名の「おっと合点承知之助」や「その手は桑名の焼き蛤」、「結構毛だらけ猫灰だらけ」、「驚き 桃の木 山椒の木」、「あたりき車力のコンコンチキ」などといった、書いているだけで元気が出てきますが、付け足し言葉と言うのだそうですが、を使って書かれた絵本です。著者の齋藤さんも書かれてるように、今では、あんまり使われなくなってしまい、廃れようとしている、こういう言葉って懐かしいですねえ。昔は、テレビでも、落語なんかで使われていて、知らず知らずのうちに覚えていたような気がします。で、子供に読んでいたところ、勿論、付け足し言葉のところは、子供が読みたがるのですが、教えた訳でもないのに、「おーっと があーってん しょおおーちのおーすけえーー」という風に、歌舞伎役者のように、自然に、節回しを付けて読んでいるのです。私は、思わず「これぞ日本人のDNA!」と心のなかで感心していました。皆さんは、どう思われますか?
 この絵本の姉妹篇ともいえる四字熟語の絵本「えんにち奇想天外」も出ています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ペイントギャラリー~Bird Year~

toritatinoe2
「鳥たちの絵」  by kai
 あけまして、おめでとうございます。 今、感じているのは、ほんとうにすばらしいものは、特に、刺激的でもなく、仰々しくもなく、最先端でもなく、そして、悲しいことに現在では、それらの多くはマジョリティーでもなく、野に咲く花のように、夜空の星のように、ひっそりと、でも、いつまでも変わらずに存在しているということ。 そういうものとの出会いを紹介していきたいと、思っています。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »